2021年度 基礎プログラミング演習I 資料

内容は随時更新されます。必ずブックマークしておき、定期的にチェックしてください。

連絡事項

演習全体に関する連絡事項はここに掲載します。クラスごとの連絡事項は別途担当教員の指示に従ってください。

秋学期授業予定について

本演習科目は対面で実施します。オンライン配信はしません。授業参加時は感染拡大防止に務めてください。ワクチン接種済みであっても不織布マスク推奨です(ウレタン製や布製では効果が薄いと言われています)。

万が一新型コロナウィルスに感染した、感染者との濃厚接触があった、入構時の検温でひっかかった、など授業に参加できない場合は速やかに連絡してください。対応方法を指示します。

授業予定

多少はMacの使用に慣れ、受講環境が整っているでしょうから最初のあたりは圧縮して進めます。あくまで予定ですので進行状況に応じて調整します。


以下は春学期の記録です。参考として残しておきます。

学習成果実感調査

本学ではすべての授業に対して、受講後の振り返りと今後の授業改善のためにアンケートを実施しています。アンケート結果は匿名で集計されます。回答内容は成績とは無関係です。ご協力ください。
アンケートページへのリンクはmoodleの各クラスのページに設置されていますので、そこから辿って回答願います。期限は7月30日までです。


最重要】筆記試験について

予告しているとおり、7月21日の2限目に筆記試験を実施します。未受験の場合は単位認定しませんので必ず受験してください。筆記用具を忘れずに持ってきてください。オンラインでの受験は原則認めませんが、やむを得ない場合は実施方法も含めて個別に対応します。
当日、事情により出席できない場合は自分のクラスの担当教員に速やかに申し出てください。また、当日の急な病気や交通機関のトラブル等で出席ができなかった場合も申し出てください。事情を認めた場合には追試験※を実施します。事情が確認できるものを求めることがあります(診断書や遅延証明など)。

大学で言う「追試験」とは、本来の試験を受験できなかった場合に別日程で行う試験の事です。初回の試験で不合格だった場合の救済的に実施する試験のことではありません。なお、本科目では試験で合格点に満たない場合はそのまま不合格となります。

最重要】自由制作(最終課題)について

提出期限は7月25日(日曜日)23時59分とします。遅延した場合は評価対象外となります。必ず期限内に提出してください。
提出課題はチェックし、提出物に不備がある場合は問い合わせをすることがあります。Teamsのチャットおよび電子メールをこまめにチェックするようにしてください。
自分の作品について説明をしてもらう想定ですが、具体的な発表会の進め方は現在検討中です。
発表会も原則対面で実施します。筆記試験同様、当日出席できない場合は自分のクラスの担当教員に申し出てください。


美しいコードを意識しよう

綺麗なプログラムでも汚いプログラムでも動くことに違いはないですが、綺麗なプログラムを意識することはプログラミング能力の向上に役立ちます。とりあえず次の4点を意識して見てください。また、課題提出時はこれらを直してから提出してください。あまりに酷い場合は評価を下げることがあります。


授業予定について

7月の授業予定を更新しました。下記授業予定を確認してください。ポイントとしては次のとおりです。

【重要】6月からの授業について

大学Webページの案内のとおり、「6月1日より、演習科目を中心に、順次、遠隔授業から対面授業へ変更します(戻します。)。」とのことで、本科目は対面授業に戻ります。出席の際は感染防止対策は十分にしてください。当初対面でやっていた時と同じように、Teamsでの配信・録画もします。質問も引き続きTeamsの質問チャンネルで受け付けますので活用してください。

VS Codeで\を入力するための設定

別ページ「Macでバックスラッシュを入力するための設定」に記載しました。VS Codeを使っている人は設定を変更することをお勧めします。

多要素認証について

学外から学内の情報システム(POSTやmoodleなど)を使用するためには、スマートフォンなどを使って本人であることを確認するための設定が必要です。設定方法等は情報センターの多要素認証の利用についてのページに書いてありますので、各自必ず設定するようにしてください。

Teamsでの配信について

授業はTeamsで配信・録画しますが、原則的には対面で授業を進めます。微熱があるなど学内に入構できない場合や、その他事情があって対面授業に参加できない場合は活用してください。なお、Teamsで参加する場合は各クラスの担当の先生にできるだけ速やかに(事後でもよいので)連絡をしてください。Teamsの授業用チームは「【2021春学期水12】基礎プログラミング演習I 」で準備しています。
Teamsの利用方法については、こちらの資料を見てください。

修学サポート(通称・寺子屋)について

新型コロナウィルス感染症に対する活動指針レベルが引き上げられたことに対応して、Teamsでのオンライン対応に変更します。

Teams上で寺子屋サポータ(先輩学生)がスタンバイしています。

などに活用してください。

チーム「修学サポート 寺子屋」にチームコード“kti2ena”で参加してください。オンライン寺子屋への質問投稿はいつでも可能ですが、寺子屋サポータによる回答は、基本的に、木曜授業日の15:00〜18:15になります。


授業予定

4月28日の休講のため日付を暫定的に更新していますが、変更になる可能性があります。

スクリーンショットの撮り方

電子メールなどで質問する際に単に「動きません」というだけでは何がどう動かないのか分からなくて対応できません。そこで、どう動かないのかを説明するために画面のスクリーンショットを活用してください。Macのスクリーンショットの撮り方はこちらのページを見てください:Mac でスクリーンショットを撮る

他の人に見られるとまずい情報が映り込んでいないように注意してください。Shift+Command+4で画面の一部を撮るのがよいでしょう。

プログラムならばソースコードも送るようにしてください。


参考情報

ワードプロセッサ表計算プレゼンテーション(情報理工学部では基礎プロIで扱わない内容になりましたが参考として。ただし最新版のPages, Numbers, Keynoteでは表示や操作が若干変わっているかもしれません。)

基礎プロI 100本ノック(基礎プロIで扱う範囲のC言語の練習問題集です)

Emacs超クイックリファレンス(最低限知っておくべきEmacsのキー操作。Emacsクイックリファレンスをさらに減らしたもの。)

Emacs超入門

過去の資料サイト(大昔の基礎プログラミング演習Iの内容です)

コンピュータ環境の使い方(大学全体の情報です)

コンピュータ理工学部(学部独自運営のサイトです)


プログラミングとは関係無いけどお薦めのIT系ニュースサイト(最初は意味がよく分からなくてもOK。なんとなくでも読み続けて、解らない言葉が出てきたら調べてみましょう。)

Impress Watch
IT media
Engadget Japanese
Gismodo Japan
/.J
TechCrunch Japan
@IT