電気泳動ゲル撮影装置 (自作)

icon 電気泳動ゲル撮影装置 (自作)

 ラボを新しく立ち上げるときには多くの資金が必要です。必要な機器が多く、研究費は限られていて思うように機器整備が進まない、、、という研究者は多いと思います。私も同じでした。
 そのときに、電気泳動ゲル撮影用システム(DNAアガロースゲル撮影装置)を自作で立ち上げたので、情報を掲載しておきます。これからラボを立ち上げる予定で、資金難の方はぜひ参考にしてください。安価で、良いゲル撮影システムができます。
 機器導入を考えた時に、市販のゲル撮影装置は既存のデジタルカメラを使っている割に高価で、なにか割り切れないものを感じました。ならば、自分でシステムを組んでみようと考えたのが始まりです。最終的に必要なものは以下のものでした(予算 約10万円)。このゲル撮影用システムのなかではデジタルカメラが一番高価でした。
 ----------------------------------------
1.光源(EZ-VISION(励起波長:364nm 蛍光波長:454nm)用)
ブラックライト
【三共電気】 コンパクト形ブラックライト 27W FPL27BLB (360nm付近に発光スペクトルのピーク)
\4,200-
電気スタンド
ツインバード タッチインバータ蛍光灯 LK-H451W
\3,000

2.デジタルカメラ
CANON PowerShot G12
\40,000 - \50,000
コンバージョンレンズアダプター LA-DC58K
\3,575-
ACアダプターキット ACK-DC50
\7,875
リモートスイッチ RS-60E3
\2,625-

3.フィルターアダプター
ケンコー
テクニカルホルダーII (小)
\3,150-
ステップアップリング 58-62mm
\1,050-

4.フォトプリンター
CANON CP800(WH)
\10,000-

5.USB切替機
Arvel USB切替機 2系統、ACSUSB2
\3,400-

6.フィルター(EZ-vision用)
富士フイルム フィルター SC-46 (75mmx75mm) 1枚入
\1,218-
 ※SC-42も良い。細かいところは比較して決定するのが良い。

7.コピースタンド
コピースタンドCS-A4 LPL Direct価格(税込)¥18,900

【撮影条件】:ISO400, F4.5, 1-2秒, ストロボ発光禁止
CANON G12の場合、カスタムモード(C1)に、条件を登録しておくと便利
----------------------------------------
【感想】
写真は、キレイに撮れています(下部の写真参照)。
部屋を暗くできない場合には、段ボールで覆い使用しています(暗幕の方が良いかもしれません)。
EZ-VISION(AMRESCO)はEthidium Bromideより感度は落ちますが、Ethidium Bromide処理の問題がないので、非常に快適です。EZ-VISIONの励起波長では、市販のブラックライトと蛍光灯スタンドの組み合わせで落射照明が可能で、UVトランスイルミネーターを導入する場合と比較し、超安価にシステムが構成できます。
  
【高感度化】 (2013.11.23追記)
Ethidium Bromide程度に高感度が欲しい場合には、470nm LED Light(Blue LED light)とMidori Green Directの組み合わせで可能です。このとき、励起光には長波長カットフィルターとしてSVX510(>510nm cut, 朝日分光)を使用する必要があります。
実験したところ、Midori Green Directは、EtBrとほぼ同程度の感度がありました。また、EZ-visionより5~10倍高感度です。ただし、コストもEZ-VISIONより高くなります。
そのため、研究室内では実験用途により使い分けています。
この電気泳動ゲル撮影用システムは、励起光源とフィルターを工夫すれば、Ethidium BromideやSYBR Greenにも対応可能なはずです。

【光源&フィルター条件】:
 参考1)研究室で使用している光源&染色試薬の組み合わせ
   Black Light & EZ-VISION;  SC-46
   470nm LED Light (+励起光 長波長カットフィルター) & Midori Green Direct;  SC-54
    ※感度:Midori Green Direct (日本ジェネティクス)>EZ-VISION (AMRESCO)  
    ※コスト:Midori Green Direct (日本ジェネティクス)>EZ-VISION (AMRESCO)  

 参考2)他の光源&染色試薬なら、以下の組み合わせが候補(試していないので、詳細不明)
  470nm LED Light (+励起光 長波長カットフィルター) & Novel Juice;  SC-54
   Blue Light Transilluminator & SYBR GREEN;  SC-54 (or SC-52)
   UV Transilluminator & EtBr;  SC-58 (or SC-60)
 
 
         
 
 
 Return to "Technical tips"
 E-mail: