エントリー

WINERED輸送 現地レポート

こんにちは!神山天文台事務室です。
今月はじめのブログで、神山天文台で開発された観測装置 WINERED がチリに向かって旅立ったとお伝えしましたが、
★詳しくはこちら→http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/404

先日、無事にチリに到着し、作業に取り掛かり始めました!!
現地に向かった研究者より、写真が届きましたのでお伝えします!

ラ・シヤ天文台までの道のりはこのような感じです。

1 2


一面に広がる砂漠と、遠くにうっすらと見える山々。
ひたすら車で登っていくと天文台群が見えてきます。


3

↑こちらが今回WINEREDを装着する予定のNTT望遠鏡。


内部はこのようになっています。

4

5

さすが3.6mの主鏡を持つ望遠鏡なだけあって、迫力がありますね!

6

現地では早速、分解したWINEREDの組み上げ作業が進んでおり、観測開始に向けて順調な滑り出しのようで、安心しました。

 

研究には関係ありませんが・・・
ラ・シヤ天文台は標高2400mの山の上にあり、天文台周辺には何もないため、宿泊施設や食堂など、生活するための施設がしっかり整備されています。
食事はこんな感じだそう↓

7

ちなみに研究員から送られてきた写真にはこんなのもありました↓

8


通りすがりのロバ(野生?)

 

★12月の天体観望会のお知らせ★
12月17日、24日(いずれも土曜日)18:00~20:00
31日は本学の冬季一斉休業の為、天体観望会は実施致しません。

今年の天体観望会も残すところあと2回となりました。
年が明けると、天体観望会は3月下旬まで行いません(荒木望遠鏡メンテナンスのため)。
皆さまのお越しをお待ちしております。

ページ移動

ユーティリティ

2021/12

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed