エントリー

お月見

こんにちは!神山天文台 事務室です。
もうすぐ中秋の名月(お月見)ですね。

1

お月見と言えば、ススキにお月見団子・・・ですが、
お月見はなぜこの時期に行われるのかご存知ですか?

お月見はその昔、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事でした。
そのルーツは、中国にあったサトイモの収穫祭として月見の日にサトイモを食べるという習わしがその後日本に伝えられたという説や、夏の収穫がひと段落し、次の収穫(稲刈り)をするまでの時期に、豊作を祈る祭りを行ったことから始まった説など、諸説ありますが正確なことは分かっていないそうです。

昔の旧暦にあたる日は毎年違っており、今年は9月15日が旧暦の8月15日にあたります。
なぜ毎年違うのかというと、今と昔の暦の数え方の違いからです。
旧暦では月の満ち欠けを基準にして日付が決められていました↓が、
2


現在の暦は地球が太陽の周りをまわる周期を基準に決められています。


3


この違いにより、旧暦と新暦では少しずつ日付のズレが生じるので
お月見の日は毎年変わるのですね。

旧暦の今日は今の暦の何日にあたるのか・・・?知りたくなった方は
インターネットで 旧暦カレンダー 等と検索すれば、旧暦と新暦を載せたページが
出てきますので、ぜひ見てみてくださいね★

※中秋の名月は9/15ですが、神山天文台では天体観望会は開催いたしません。
次回の天体観望会は9/17(土)です。月の位置等の関係上、この日の観望会で月を観望することはできません。どうぞご了承ください。

---------------------------------------

★9月の天体観望会のおしらせ★
開催日
17日、24日(いずれも土曜日)
時間
19:00~21:00(受付18:30~20:30)
夜は風が涼しくなってきました。
天体観望会に参加される際は、羽織りものを1枚持って来ておくことをお勧めします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

ページ移動

ユーティリティ

2019/03

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed