エントリー

2017年12月の記事は以下のとおりです。

12月16日(土)一般公開のご案内

こんにちは、研究員の中道です。今年最後の天体観望会です! 天体観望会は 18時から20時まで(受付は17時30分から19時30分まで)です。

現在の天候は曇りです。荒木望遠鏡での天体観望は厳しいかもしれません。でも、京都の空は変わりやすいので、たまに晴れ間が出ることを期待したいと思います。

先週の天体観望会では、天王星、海王星、散開星団M37、二重星アルビレオ、赤色巨星ガーネット・スター、惑星状星雲NGC7662(青い雪だるま星雲)、球状星団M15 など、いろいろな種類の天体を観望することができました。今晩もたくさんご覧いただきたいのですが、雲が多すぎるので、お天気次第です・・・

 曇天で星が全く見えない場合も、望遠鏡や観測装置などの解説や、3D映像を用いた星空解説、光の実験などをお楽しみいただける予定です。

 天文台のドームと地下ホールには暖房が入りませんので、暖かい服装でお越しください。帽子、手袋、マフラーなどもお勧めです。ちなみに私は、冬の天体観望会の時には、まるで南極観測隊員のような恰好をしております。

皆様のお越しをお待ちしております。

12月9日(土)一般公開のご案内

こんにちは、研究員の中道です。今年の天体観望会は、本日を入れてあと2回になってしまいましたね。本日は雲が非常に多いですが、なんとか晴れ間を見つけて、天体観望会を実施したいと思います。

 今の季節は、西の空の低い場所では夏の天体、高い場所では秋の天体、東にまだ低いですが冬の天体と、いろいろな季節の天体を観望できる時期です。晴れれば海王星と天王星も見頃です。

曇って星が見えなくなってしまったら、3D映像を用いた星空解説なども行いますので、どのようなお天気でもお楽しみいただけます。

天体観望会は18時から20時まで、入館は17時30分から19時30分までです。

なお、ドームとホールには暖房は入りませんので、暖かい服装でご参加ください。帽子と手袋も有効です。

皆様のご来館をお待ちしております。

12月2日(土)一般公開のご案内

こんにちは!神山天文台事務室です。
本日は14:30から天文学講座第2回が開催されました!
講師に東北大学名誉教授の市川先生をお招きし、宇宙の果ての銀河地図について
講演いただきました!
引き続き17:00までは先生を囲んでアストロノミーカフェを開催いたしますので
みなさまぜひお越しください♪

本日の天体観望会は18:00~20:00まで実施いたします。
受付は17:30~19:30までとなります。

夕方の空には雲がちらほら出ていますが、おおむね晴れているので
荒木望遠鏡で観望していただけると思います。

また玄関前にはサポートチームの学生たちが小型望遠鏡で観望会を行う予定です。
ぜひお越しくださいませ。




ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017/12

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed