エントリー

2016年09月の記事は以下のとおりです。

10月からの天体観望会 開催時間について

こんにちは!神山天文台事務室です。
明日から10月ですね。

毎週土曜日に開催しております天体観望会ですが、10月からは
開催時間が1時間早くなります。
併せて終了時間も1時間早まりますので、ご注意ください!

開催時間
18:00~20:00(受付は19:30まで)

最近お問合せいただく事が多い、天文台までのアクセスですが、
公共交通機関でのご来場をお願いしております。


学内に専用の駐車場はございません。近隣にコインパーキングはありますが、本学が管理しているものではないため、
空き台数の把握はしておりません。お車でお越し頂いても、必ず停められる保証は出来かねますのでご了承ください。

特別なお手伝いが必要な方や、歩行が困難など、坂道や階段を使うことが難しいため車でのご来場を希望される方は、
事前にご相談いただければ対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 

公共交通機関ですと、
・京都市営地下鉄 北大路駅から 京都市バス 北3号系統(北大路バスターミナル 赤のりばAから乗車できます)
・京都市営地下鉄 国際会館駅から 京都バス40系統(国際会館駅前バスターミナル 2番のりばから乗車できます)

上記の方法がございます。どちらも終点が本学となっており、お帰りの際も22時台までバスが走っております。

京阪電鉄 出町柳駅から 京都バス34系統/35系統にご乗車いただく方法もございますが、
終バス時刻が早め(20時台)となっており、観望会の時間を最後までゆっくり過ごしたい方はお帰りが少し慌ただしくなるかもしれません。

上賀茂神社、二軒茶屋駅から出ている本学へのシャトルバスは、土曜日の午後の時間中は運行しておりません。ご注意ください!

 

バスを降りて頂いたあとは、エスカレーターを2個ほど上がって頂き、看板に沿って階段を上って頂くと神山天文台が見えて参ります。
本学でも一番高い場所に神山天文台は位置しておりますが、エスカレーターのおかげであまり階段や坂を上らなくてもお越し頂けます!


詳しい時刻表等は各交通機関のウェブサイトをご覧頂くか、本学へのアクセス(http://www.kyoto-su.ac.jp/access.html)をご覧ください。


夜間の気温もぐっと下がる季節になりました。
天体観望会にご参加の際は、羽織ものを持ってくる等、暖かい服装でお越しくださいね。
みなさまのご来場をお待ちしております。

10月がやってくる

こんにちは!神山天文台 事務室です。
気が付けば9月も終わりに差し掛かりましたね。
少し前まで夏だと思っていたのに、もうすっかり秋の季節です。
日が落ちる時間も早まってきました。

さて、先日すみれ幼稚園の園児の皆さんが
天文学習に来てくれました!

1


7月は年長組さんが来てくれましたが(過去ブログ参照)
今回は年中組ということで、年長さんよりもみんな小さくてさらに元気いっぱい!
荒木望遠鏡の主鏡を見学するために、望遠鏡が動くと
「うわぁ~!」という驚きと歓声がドームに響きました。
余りの迫力に「あたまをまもれ~!」と頭に手をやる児童さんもいて、とても可愛らしかったです♪

2

一転、研究員の説明が始まるときちんと並んで、しっかりお話を聞いていましたよ。

地下のホールでも研究員による3D映像上映が行われ、

3

3Dメガネにワクワクしつつ、Mitaka映像に釘付けになっていました。

児童のみなさんからたくさんのパワーをもらえた1日でした。
ありがとうございました!

 

------------------------------------------------------------ 
さて、今週末から10月に突入します。
10月から、天体観望会の開催時間が1時間早くなりますので、
ご来場いただく皆様にはお間違えの無いようお願い致します。

☆10月の天体観望会のお知らせ☆
10月1日、8日、15日、22日、29日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)
※10月より、開催時間が1時間早くなりますのでご注意ください!

夜はだいぶ涼しくなります。天体観望会へご参加予定のみなさまは
ぜひ1枚羽織ものを持つか、暖かい服装で来てくださいね。
皆さまのご来場をお待ちしております。

9月24日(土)一般公開のご案内

こんにちは。神山天文台事務室です。
今週はすごい台風でしたね。

本日の観望会は残念ながら曇天時のプログラムとなりそうです。
望遠鏡で実際に星を見ることは難しいかもしれません。
曇天時には望遠鏡の施設見学を中心にMitakaの3D上映などを実施しております。
Mitakaでは3D映像による宇宙旅行気分が味わえます。

もし、時間内に天気が回復した場合は
望遠鏡による観望ができるかもしれません。

曇天時も19時から21時まで上映や見学会を実施しております(受付は20時半まで)。
皆様のご来館をお待ちしております。

 

天文学講座 第2回

こんにちは!神山天文台 事務室です。
台風が過ぎ、一気に気温が低くなりましたね。
朝方や夜は寒いくらいです。。
昨日から大学では秋学期が始まり、キャンパス内に
学生の賑やかな声が戻ってまいりました。

さて、年数回開催しております「天文学講座」ですが、この度
第2回の開催が決定いたしました。

1

学内の研究者や時には学外の研究者をお招きし、天文学の最前線について講演頂いている天文学講座。
今回は京都大学大学院理学研究科の准教授である野上先生をお招きして、太陽フレアと恒星スーパーフレアについてお話していただきます!

講演後には講師や研究員とお茶を飲みながら気軽に話や質問ができる時間(アストロノミー・カフェ)も予定しております。普段疑問に思っていることや、講座を受けての質問などを直接研究者にできる絶好の機会となっております!ぜひご参加ください。

天文学講座 第2回「太陽フレアと恒星スーパーフレア」
日時:10月8日(土)14:30~16:00(受付14:00~)
場所:神山天文台地下1階 サギタリウスホール
講師:野上 大作 氏(京都大学大学院理学研究科 准教授)
★講座終了後、アストロノミー・カフェを開催いたします(16:00~17:30)。
★夜間には通常通り天体観望会も実施致します(18:00~20:00)。

詳しくは神山天文台ホームページをご覧ください↓

http://www.kyoto-su.ac.jp/events/20161008_859_kouza.html

10月から天体観望会の時間が1時間早くなりますのでお気をつけください!

 

2

中秋の名月も過ぎましたが、天文台ロビーの受付にあるほしみ~るちゃんは
今月いっぱいまでお月見仕様になっております。
ぜひ会いに来てくださいね☆

9月17日(土)一般公開のご案内

こんにちは。神山天文台事務室です。
皆様,中秋の名月(お月見)は楽しまれたでしょうか?
お月見ではお馴染みのお月見団子を楽しまれた方も多いのではと思います。
関西では紡錘形(少し細長い楕円形)で,周りにこし餡がついているお団子がありますが,地方によってお月見のお団子も様々なようです。くし形のお団子もあれば,しずく型タイプのお団子や白玉にあんみつなどをかける地域もあるようなのでこの時期に地域ごとのお団子を楽しむのも面白いかもしれませんね。
ちなみに中秋の名月は中国では中秋節,韓国では秋夕 (チュソク) と呼ばれているそうです。
さて,本日の観望会ですが残念ながら曇天時のプログラムとなりそうです。
曇天時には望遠鏡の施設見学を中心にMitakaの3D上映などを実施しております。望遠鏡で実際に星を見ることは出来ませんが,Mitakaでは宇宙旅行気分が味わえます。
曇天時も19時から21時まで上映や見学会を実施しております(受付は20時半まで)。

皆様のご来館をお待ちしております。

 

お月見

こんにちは!神山天文台 事務室です。
もうすぐ中秋の名月(お月見)ですね。

1

お月見と言えば、ススキにお月見団子・・・ですが、
お月見はなぜこの時期に行われるのかご存知ですか?

お月見はその昔、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事でした。
そのルーツは、中国にあったサトイモの収穫祭として月見の日にサトイモを食べるという習わしがその後日本に伝えられたという説や、夏の収穫がひと段落し、次の収穫(稲刈り)をするまでの時期に、豊作を祈る祭りを行ったことから始まった説など、諸説ありますが正確なことは分かっていないそうです。

昔の旧暦にあたる日は毎年違っており、今年は9月15日が旧暦の8月15日にあたります。
なぜ毎年違うのかというと、今と昔の暦の数え方の違いからです。
旧暦では月の満ち欠けを基準にして日付が決められていました↓が、
2


現在の暦は地球が太陽の周りをまわる周期を基準に決められています。


3


この違いにより、旧暦と新暦では少しずつ日付のズレが生じるので
お月見の日は毎年変わるのですね。

旧暦の今日は今の暦の何日にあたるのか・・・?知りたくなった方は
インターネットで 旧暦カレンダー 等と検索すれば、旧暦と新暦を載せたページが
出てきますので、ぜひ見てみてくださいね★

※中秋の名月は9/15ですが、神山天文台では天体観望会は開催いたしません。
次回の天体観望会は9/17(土)です。月の位置等の関係上、この日の観望会で月を観望することはできません。どうぞご了承ください。

---------------------------------------

★9月の天体観望会のおしらせ★
開催日
17日、24日(いずれも土曜日)
時間
19:00~21:00(受付18:30~20:30)
夜は風が涼しくなってきました。
天体観望会に参加される際は、羽織りものを1枚持って来ておくことをお勧めします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

9月10日(土)一般公開のご案内

こんにちは。神山天文台事務室です。
今のところ予報は晴れということで無事観望会を行えそうです。

先日のブログでもご紹介したのですが、神山天文台サポートチームの学生さんが西はりま天文台で合宿を行いました。
どこを見ても星がたくさんで、思わず芝生の上に寝転がって、流れ星を数えました。
観望会時には流れ星だけでなく、火球を見ることができた学生さんもいたそうです。
合宿でパワーアップした学生さんも多くいますので、機会があれば、ぜひ話しかけてみてください。
本日は月の観望が可能な日となっています。その時間に雲が多くならないと良いのすが…


また、少し先の話にはなるのですが、10月8日(土)の14:30~16:00(受付14:00~)に天文学講座第2回「太陽フレアと恒星スーパーフレア」が開かれます。
講座後にちょっとした議論が出来るカフェも行う予定ですので、ご興味がありましたらぜひお越しください。

万が一、雲が多い場合は曇天のスケジュールに変更させていただきます。曇天時のプログラムでは、ドームの内の解説の他にもちょっとしたコンテンツを予定しております。
観望会は19時から21時まで実施しております(受付は20時半まで)。
皆様のご来館をお待ちしております。

合宿

こんにちは!神山天文台です。
先日、神山天文台サポートチームが夏季合宿を行いました!
今回は兵庫県にある西はりま天文台にて行われました。
 1


西はりま天文台は兵庫県の佐用町、大撫山にあります。広大な敷地には芝生が広がり、
なゆた望遠鏡をはじめとした様々な望遠鏡が設置されています。
宿泊施設も備えられており、まさに合宿を行うにはうってつけの場所です!

日中は神山天文台長の河北教授と、中道研究員による講義を受けたり、

2

 

小型望遠鏡の組み立て実習や、太陽望遠鏡を用いた太陽の観測会を行いました。


3

 

 5


また、西はりま天文台の方の協力の下、講義を行って頂きました。

さらに夜間にはなゆた望遠鏡による観測の見学を行ったり

 6


天文台周辺にて小型望遠鏡での天体観望を行いました。

 7

 8

 
天気も良く、天の川も綺麗に見えたそうです♪

最終日にはレクリエーションも行われ、下級生と上回生の仲もより一層深くなったようです。
充実した2泊3日の合宿になりました。お世話になった西はりま天文台の方々、ありがとうございました!


 9

9月3日(土)一般公開のご案内

こんにちは。神山天文台事務室です。

9月最初の観望会ですね。台風が近づいている影響もあり,残念ながら曇天・雨天のプログラムとなりそうです。

曇天・雨天のプログラムでは宇宙の旅を疑似的に体験していただく3D映像の他,荒木望遠鏡を解説つきで見学できる内容になっております。観望会の時には望遠鏡があるドーム内は暗くなってしまいますが,見学モードではじっくりと見ることが出来ます。装置の仕組みなどに興味のある方は是非ご来館ください!

その他にも天文に関する実験を行うこともあります。

観望会は19時から21時まで実施しております(受付は20時半まで)。

皆様のご来館をお待ちしております。

夏の終わり

こんにちは!神山天文台です。
本学の一斉休業期間も終わり、気づけば9月に突入してしまいました。
世間でも夏休みが終わり、通勤途中に児童生徒のみなさんが登校している姿を見かけるようになりました。

さて、8月20日に開催されました神山天文台サポートチームと岩倉図書館さんの合同企画
発見!宇宙のふしぎ について、写真が届きましたのでお伝えします!

お天気を心配していましたが、幸いにも
天候に恵まれ、晴れのプログラムで実施することができました。

1


傘袋でロケットを作ります。
まずは思い思いのイラストを傘袋に書くところから。

2


ロケットの絵を描く子も。
どこまでも飛んでいきそうですね!

膨らませて、重りのテープを付ければ完成!
さっそく外に出て飛ばします。

3

かなりの距離を飛ばす子供もおり、盛り上がっておりました!

 

4

室内ではロケットについてのお話もありましたよ。
一方こちらではMitakaの上映会です。


5

 

宇宙の世界に子供たちも引き込まれていました♪

外ではもう一つ、シャボン玉のふしぎについても学ぶ企画がありました!

6

 

7


クイズ形式で子供たちに考えてもらいつつ、時に実演も挟みつつ
シャボン玉のふしぎについて子供たちに説明。
最後はみんなでシャボン玉を飛ばしました。

8


円だけでなく、星型などの形の針金も用意して
どんな形のシャボン玉ができるかも試していましたよ♪

子どもたちにとって良い夏の思い出になったでしょうか。
サポートチームにとっても、良い経験になったと思います。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!


---------------------------------------

★9月の天体観望会のおしらせ★
開催日
9月3日、10日、17日、24日(いずれも土曜日)
時間
19:00~21:00(受付18:30~20:30)
日中は変わらず暑いですが、夜は風が涼しくなってきました。
天体観望会に参加される際は、羽織りものを1枚持って来ておくことをお勧めします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016/09

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed