エントリー

2016年07月の記事は以下のとおりです。

7月30日(土)一般公開のご案内

こんにちは。神山天文台事務室です。

これから雲がかなり多くなるという予報ですので,湿度や雲の量が心配ではありますが,晴れのプログラムで準備をしておこうと思います。

7月28日(金)はみずがめ座δ(デルタ)南流星群が極大でした。夜の遅めの時間で1時間に10個程度だったそうですが,月あかりがあまりなく比較的見やすかったそうです。皆様はご覧になられたでしょうか。観望会の帰りにもしかしたら,見えるかもしれませんね。8月にはペルセウス座流星群も見れるそうで,今から楽しみです。

万が一,雲が多い場合は曇天のスケジュールに変更させていただきますが,ドームの内の解説の他にもちょっとしたコンテンツを予定しております。

観望会は19時から21時まで実施しております(受付は20時半まで)。

皆様のご来館をお待ちしております。

7月23日(土)一般公開のご案内

こんにちは。神山天文台事務室です。

今日は久々に晴れのスケジュールで,観望会が行えそうです!!梅雨時期の前からと考えると,2か月ぶりくらいでしょうか。今から夜の観望会が楽しみです。

夏の星空といえば,有名な夏の大三角(デネブ,アルタイル,ベガ)が思いつきます。
こと座のベガとわし座のアルタイルは七夕伝説に出てくることでも有名ですよね。
ギリシャ神話ではまた違ったお話があるようです。星の神話や星座も解釈が異なっていることもあり,調べてみるとその違いがとても面白いです。

また,夏の大三角だけでなく火星や土星といった馴染み深い惑星も見ごろとなってきます。

ちょうど夏休みに入ったお子様も多くいらっしゃるかと思います。夏休みの思い出にぜひお越しください。

※万が一,雲が多い場合は曇天のスケジュールに変更させていただきます。

観望会は19時から21時まで実施しております(受付は20時半まで)。

皆様のご来館をお待ちしております。

夏の夜空のビックフェス

こんにちは、神山天文台事務室です。
さて、何度かこのブログでも取り上げられました
夏の夜空のビックフェス!!ですが、先日無事開催されました。
(本学ホームページのキャンパスフラッシュにも掲載されています→http://www.kyoto-su.ac.jp/news/20160708_859_bigfes.html)

雨は降ってしまいましたが、
250名を超えるお客様にご来場いただき、盛況に終えることができました!

神山ホールにて行ったMITAKA上映会をはじめ、各所に貼りだされた星座線のつなぎ方をみて七夕の星座をつなぐミニラリー、

1

2

4


さらに、観望会の代わりに荒木望遠鏡の解説が行われたり、

天文遊戯コーナーでは惑星の並び替えやパズル、ぬりえに子供たちは熱中していました。

5

6


また、天文同好会による手作りプラネタリウムは大盛況で、整理券がすぐになくなってしまうほどでした。
(さすがに中の写真は撮れませんでした)

 

天文台に飾っていた七夕飾りにも、140名ほどの方が短冊に願い事を書いて
飾ってくれました。皆さんの願いが叶うと良いですね!


学生たちによる初めての大規模イベント開催という事で、手が回らない点も多々あったと思います。

そんな中でも、多くの皆さまに楽しんで頂けたようでホッとしております。
今回のイベントの良かった点をさらに生かし、反省点は改善して
ぜひ来年もイベントを開催してくれたらと願っております。

ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------

★7、8の天体観望会のごあんない★
7月23日、30日、8月6日、20日
19:00~21:00(受付18:30~)

8月10日~19日、26~29日は夏季一斉休業のため、神山天文台は休館させて頂きます。
8月13日、27日の天体観望会も実施致しませんので、どうぞご了承ください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

7月16日(土)一般公開のご案内

 こんにちは。神山天文台事務室です。

 お昼は晴れ間ものぞいていたので、今日は久々に観望できるかなと思っていたのですが、夜に向かうにつれて雲が厚く、空が暗くなって来ました。雲だけでなく、湿度も心配なところです。今日も残念ながら、悪天候のプログラムになりそうですが、もし観望会の時間までにお天気が改善された場合は、明るい星々に望遠鏡を向けてみようかとも考えております。

 悪天候のプログラムでは,立体メガネをかけて3D映像をご覧いただきながら、学生さんのナビゲートのつきで宇宙旅行の疑似体験していただいたり、ドームの屋根を閉めたままですが、130cm荒木望遠鏡を動かして鏡やドームと望遠鏡が回転する様子を見ていただいたりします。観望会では暗い中で望遠鏡が動くのですが、その様子を明るい場所で見ると新たな発見があり、面白いかもしれません。

 また、光に関するミニ科学実験を行っています。実験内容は、偏光やスペクトルの実験を予定しております。学生さんの解説つきで行われます。普段は気に留めていなかった現象でも宇宙を知る鍵に…?気になっていた疑問などもぜひこの機会にお聞きください♪

 19時から21時まで実施しております(受付は20時半まで)。

 皆様のご来館をお待ちしております。

7月9日(土)一般公開のご案内

 こんにちは。神山天文台事務室です。

 久々の観望会ですね。お天気は残念ながら観望会日和という訳ではありません……休館後初めての観望会ですし、晴れて欲しかったのですが、梅雨時期はやはり難しいですね。

 先日7月7日は七夕でしたが、皆様どのようにお過ごしでしたか。天文台では学生さん主催のイベント(本番は7月8日でした)のリハーサルをしていたのですが、雲の隙間で時々星を見ることが出来たそうです。旧暦での七夕は今年は8月9日らしいです。その時は綺麗な星空を見ることが出来るかもしれませんね。

 17時より当天文台の河北台長による七夕講演会をしております。

 立体メガネをかけて3D映像をご覧いただきながら宇宙旅行を疑似的に体験していただいたり、ドームの屋根を閉めたままですが、130cm荒木望遠鏡を動かして鏡やドームと望遠鏡が回転する様子を見ていただいたりします。

 光に関するミニ科学実験を行っています。実験内容は、偏光やスペクトルの実験を予定しております。学生さんが天文学に密接に関わる内容を分かりやすく解説をしてくれますので、時間の許す限り遠慮なくご質問ください。

 これからはしばらくは開館していきますので,夏休みにぜひお越しください☆

 19時から21時までアトラクションを実施しております(受付は20時半まで)。

 皆様のご来館をお待ちしております。

★ビックフェス★

こんにちは、神山天文台事務室です。
今年の七夕は良いお天気に恵まれましたね。
天の川がキレイに見えた所もあったのではないでしょうか。

そして、もうひとつ。
大西宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船が、昨日無事に打ち上げられました!
ネットでのライブ中継もありましたし、見ていた方も多いのでしょうね。


大西宇宙飛行士は、約4か月間宇宙に滞在し、様々な任務を行う予定だそうです。
4か月後、また地球で元気に会える日が楽しみですね。

*************

さて、本日はとうとうビックフェス当日です。

1


昨日はリハーサルを行い、当日の動きをチェックしていました。
天気予報はあまり優れない予報を出していますが、果たしてどうなるでしょうか・・・
※雨天の場合でも一部プログラムの内容を変更して実施します!

元気の良い学生さんたちがお待ちしております。
ぜひご来場下さい!

また、明日の17時からは全国同時七夕講演会を開催します。
河北 秀世 神山天文台長による、七夕に関係する星々のお話をぜひ聞きに来てくださいね!
夜には天体観望会も予定しております★

--------------------------------------------------------------------

★7月の天体観望会のごあんない★
7月9日、16日、23日、30日
19:00~21:00(受付18:30~)

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

笹飾り★七夕伝説

こんにちは、神山天文台です。
一昨日、天文台ロビーに笹飾りがやってきました!
(去年の様子はこちら→http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/328)

3

2


早速飾り付けを行いました♪
毎年恒例のおりひめほしみ~るちゃんも健在です!
受付前のほしみ~るちゃんも七夕仕様になりました↓

4

今年はバックに夏の大三角を背負っています★

5


みなさんに書いていただくための短冊を用意しておりますので、みなさん思い思いの願い事を短冊にこめて
笹に飾ってみてくださいね♪


さて、七夕と言えば織姫と彦星の話が有名ですよね。

★七夕伝説の話とは・・・

1


むかしむかし、天の川の西の岸に住む織女という布を織るのが上手な天帝の娘【織姫】と、天の川の東の岸に住む牽牛という牛飼いの青年【彦星】がいました。
天帝は働き者の娘に結婚相手を探してあげようと思い、同じく働き者で天の川の向こう岸に住む牽牛と織女を引き合わせます。
ふたりは一目でお互いを好きになり、めでたく夫婦となります。

しかし、一緒に暮らすようになった二人は朝から晩までおしゃべりばかりで、天帝が「布を織ってはどうか」「牛の世話をしてはどうか」と注意しても、「明日からやります」と聞く耳を持ちません。
織女は布を織らなくなってしまい、天界には新しい布が届かなくなりました。また、牽牛も牛の世話をほったらかして、牛はたいへんやせ細って次々と倒れてしまいました。

ついに怒った天帝は、牽牛を元居た天の川の東の岸に戻し、2人を引き離します。
引き離された2人。悲しさのあまり織女は毎日泣いて暮らし、牽牛も家に閉じこもってしまい牛の世話どころではなくなってしまいました。

かわいそうに思った天帝は、「昔のように一生懸命働くなら、1年に1度だけ天の川を渡って会うのを許そう」と言い、それを聞いた二人は以前のように一生懸命働くようになりました。

今でも2人は天の川の両側で、1年に1度、7月7日に会える日を楽しみに待っているのです。

***************************************

こと座のベガは織姫星、わし座のアルタイルは彦星として有名です。
この星たちを見つけた時にはぜひ、七夕伝説の話を思い出してみてください。

またこの2つの星は、はくちょう座のデネブとあわせて夏の大三角でもおなじみです。
晴れた日の夜に、ぜひ夜空を見上げて夏の大三角を探してみてください!

*******
ちなみに七夕付近は毎年、お天気が優れない事が多いですが、
雨が降ったら、織姫と彦星は会えないのでしょうか?

お話の中では、七夕に雨が降ると天の川の水かさが増して川を渡ることができない、とあります。
しかし、不思議なことにカササギという鳥の群れがどこからかやってきて、天の川に連なって橋となり、二人を引き逢わせてくれるそうですよ。ロマンチックですね。


--------------------------------------------------------------------

★7月の天体観望会のごあんない★
7月9日、16日、23日、30日
19:00~21:00(受付18:30~)

久しぶりの天体観望会、楽しみにお待ちください♪
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

すみれ幼稚園

こんにちは!神山天文台事務室です。
ついに7月に突入しましたね!
もう2016年も半分以上が過ぎたのか…と戦々恐々しております。

さて、昨年もブログで紹介しましたが、
今年もすみれ幼稚園の児童さんたちが神山天文台に天文学習にやってきました。2

1


中道研究員の解説のもと、3DメガネをかけてMitaka上映を熱心に見たり、河北台長による荒木望遠鏡のお話を聞く児童たち。
天文学習終了後には、先生方に思い思いの質問をする時間もありました。

 2


質問はありますか?の問いに一斉に手を上げる児童さん。
子どもならではの視点だなぁと思う質問から、思わず先生も答えに困ってしまうような
子どもらしいユニークな質問まで、たくさん飛び出しました!


5

 

夏の楽しい思い出の1つになったでしょうか。
また今度は、天体観望会にも遊びに来てくださいね。

---------------------------------------------------------------

★7月の天体観望会のごあんない★
7月9日、16日、23日、30日
19:00~21:00(受付18:30~)

ついに天体観望会の再開が今週末に迫ってきました。
夏の始まり、まずは天体観望会で星を観て、思い出を作ってみませんか?
みなさまのお越しをお待ちしております。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016/07

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed