エントリー

2016年05月の記事は以下のとおりです。

5月28日(土)一般公開のご案内

 こんにちは。神山天文台事務室です。

 本日の観望会ですが、現在も小雨がパラパラと降っており、雨天のプログラムになりそうです。ですが、夜に向かうにつれてお天気も回復するそうですので、もし、お天気が回復した場合は望遠鏡で星を見ていただけたらと思います。

 悪天候で星が見えない時は、光に関するミニ科学実験を行っています。実験内容は、偏光やスペクトルの実験を予定しています。小さなお子様からご年配の方まで楽しんでいただける解説を学生達と目指しています。天文学に使われている知識を深めていただく機会にしていただけたらと思います。望遠鏡や光について知りたい方は、是非ご来館ください。ゆっくり、じっくり質問できるので、悪天候の日は穴場かもしれません。

 また、立体メガネをかけて3D映像をご覧いただきながら宇宙の解説をしたり、ドーム屋根を閉めたままですが、130cm荒木望遠鏡を動かして鏡やドームと望遠鏡が回転する様子を見ていただいたりします。

 19時から21時まで(入館は20時30分まで)、これらのアトラクションを実施します。

 皆様のご来館をお待ちしております。

5月21日(土)一般公開のご案内

こんにちは、神山天文台事務室です。

とてもいい天気ですね。春というより夏のような日でした。

今日は一週間前の予報から晴れでしたね。久々のすっきりしたお天気での観望会が出来そうだと私たちもワクワクしていました。

今日は先週と同じように月の観望が可能です!普段は遠く感じる星も望遠鏡を通すと、身近に感じることが出来るのではないでしょうか。ぜひ、たくさんの星を見ていただければと思います。

受付には観望会のアンケートもございますので、お帰りの際にご協力いただければ幸いです。皆様の貴重なご意見、ご感想をお待ちしております。
天体観望会は19時から21時までです。20時30分までにご入場いただければ、観望できます。

5月14日(土)一般公開のご案内

こんにちは、神山天文台事務室です。

ここ数日、良い天気が続いていますね。今日の最高気温は約28℃だったそうで、暖かいというよりは少し暑いなと感じる日でした。


さて、今日の観望会ですが、少しうす雲が気になるところではありますが、無事決行できそうです。

今後、雲が綺麗に晴れてくれると、先々週のようにスタンプをたくさん集める機会かもしれません。空に広がる星の世界を少しでも皆様にも楽しんでいただけたらと思います。

高度の関係で、荒木望遠鏡で毎回月を観望していただくことができないのですが、今日と来週の観望会では月を見ることができます。口径1.3mという大きな鏡が入っている荒木望遠鏡で見る月は本当に迫力があります!ぜひご自身の目でお確かめください♪もしお時間があれば、2週連続で来ていただいて、形の違う月を見ていただくのも面白いかなと思います。

もし、悪天候で星が見えない場合には、荒木望遠鏡を動かすデモンストレーションだけでなく、3D映像を用いた天体解説、光の実験を行う予定です。学生さんの初々しいながらも、しっかりとした解説もみどころの1つです!

受付には観望会のアンケートもございますので、お帰りの際にご協力いただければ幸いです。皆様の貴重なご意見、ご感想をお待ちしております!


天体観望会は19時から21時までです。20時30分までにご入場いただければ、観望できます。

5月7日(土)一般公開のご案内と卒業生の活躍

 こんにちは、主任研究員の中道です。

 今はまだ曇っていますが、天体観望会の時間帯には晴れてくるという天気予報です。

 ゴールデンウイークは、いかがお過ごしでしたでしょうか? お仕事をされていた方も多いと思います。お仕事の一例として、3月まで天体観望会を一緒に実施していた卒業生が、ゴールデンウイーク中に科学館での展示解説デビューをしたそうで、元気そうな姿を仙台市天文台のブログに拝見することができました。

http://sao1300.blog.fc2.com/

彼がこうして活躍できるのも、神山天文台の一般公開にいらしてくださったお客様のおかげです。これまで学生達の活躍を暖かく見守ってくださり、ありがとうございます。4月から、たくさんの新しい学生達も神山天文台で天体観望会の解説デビューをしていますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 このブログを書いている途中で、少しずつ空が明るくなってきました!

 晴れて星が見えるようになったら、19時から21時まで天体観望会を行います。また、悪天候で星が見えない場合には、口径1.3m望遠鏡を動かすデモンストレーションをしたり、3D映像を用いた天体解説や、光の実験を行う予定です。入館は20時30分までです。

 本日から、新しい5月の星空案内チラシを配布しております。「よくある質問コーナー」の記事も、毎月内容を変えて私が書いておりますので、是非ご覧ください。

 皆様のご来館をお待ちしております。

 

GW

こんにちは!神山天文台 事務室です。
ゴールデンウィークもついに終盤ですね。中平日の今日は休みを取られた方も多いのではないでしょうか?

さて、明日5月7日はゴールデンウィーク中最後の天体観望会です。
本日はあいにくの天気ですが、天気予報を見てみると明日の夜には天気が回復するようです!
(観望会の状況が確定しましたら、明日の夕方ごろブログにてお知らせする予定です)
ゴールデンウィーク最後の楽しい思い出として、神山天文台で星を見てみませんか?

天候もよさそうなので、多くの方のご来場が予想されます。
天体観測ドームに一度に入れる人数には限りがありますので、来場者の方が多い日や、多くなることが予想される場合には整理券を配布しております。

荒木望遠鏡での観望に少しお時間を頂戴するかもしれませんが、待ち時間にはぜひ小型望遠鏡での観望や、図書コーナー・ぬりえコーナー等を楽しんでもらえれば幸いです♪

 

★5月の天体観望会★
5月7、14、21、28日(いずれも土曜日)
19:00~21:00(受付20:30まで)

この春から新しい生活が始まった方は、長い休みを挟んだことで
リフレッシュできたのではないでしょうか。
逆に、なかなか気分が浮かない方もいるかもしれませんが
そんな時はぐっと上を向いて、夜空に広がる星を見て心を落ち着けてみてくださいね。

装置のお話

こんにちは!神山天文台 事務室です。
ゴールデンウィーク前半が過ぎましたが、皆さんはどこかに出かけられましたか?
神山天文台でも、沢山の方が天体観望会に参加されていましたよ♪
天候にも恵まれたおかげで、合計で80名近いお客様にお越し頂きました。ありがとうございました!

さて、以前ブログにて天体観測装置のことに触れましたが、
今回は神山天文台に取り付けられている装置の紹介をしたいと思います。

まずは、荒木望遠鏡の青色と反対に深い赤ワイン色をしているこの装置。


こちらは、近赤外線高分散分光器WINERED(ワインレッド)。
人間の目には見えない赤外線波長の光を、9万色に分けることができる(最高波長分解能9万で分光できる)天体観測装置です。
赤外線の広い波長範囲(0.9~1.35μm)を同時に観測することができるのが特徴です。

WINEREDは現在、感度において世界最高(!)を誇っており、
この高感度・高波長分解能を活かした様々な研究が神山天文台では進行中です。

 

次にこちら VESPolA(ヴェスポラ)。


2


人間の目に見える光(可視光線)を1万色に分け(波長分解能1万で分光)つつ、波である光の振動方向の偏り(偏光)を測定できる機能を持っています。

通常の撮像観測では詳しく捉えられない、遠くの恒星の周囲にあるガスや塵でできた円盤の形と運動を同時に調べることが出来るすぐれものです。

観測時にこのような装置を使って取得したデータを分析し、研究することで宇宙のナゾは解き明かされていくんですね。
また、神山天文台では装置自体の開発も研究員や学生が行っているんですよ。

その他にも装置はあるのですが、それはまた次回以降にご紹介したいと思います。
天体観望会に参加される際にはぜひ、望遠鏡についているこれらの装置にも注目してみてくださいね!

※注意※
荒木望遠鏡を見学する際は、装置や置いてあるものに手を触れないようお願い致します!また、パーテーションより中にはお入りにならないようお願い致します。


天体観測装置や装置開発についての詳しい話、研究成果についてなどは
リニューアルしました神山天文台リーフレットに載っておりますので、是非ご来場の際に手に取ってご覧ください。

★5月の天体観望会のおしらせ★
7日、14日、21日、28日【いずれも土曜日】
19:00~21:00(受付は20:30まで)

ゴールデンウィーク後半の土曜日も天候に恵まれることを期待しております♪
みなさまのお越しをお待ちしております。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016/05

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed