エントリー

2016年03月の記事は以下のとおりです。

卒業式

こんにちは!神山天文台です。
各地で卒業式が開かれていますね。本学でも、19日、20日に卒業式(学位授与式)が行われました。

1

恒例のほしみ~るちゃん卒業式ver.で卒業生を送り出しました。

神山天文台サポートチームとして活動してくれた4年次生の学生も卒業です。
前日には後輩たちによる送る会が開催されていましたよ。
進学、就職とまた新たなステージへ進む卒業生のみなさん、本当におめでとうございます。京都へ来た時にはぜひ、神山天文台に顔を見せに来てくださいね♪

また、19日の夜には数か月振りに天体観望会を行いました!
3月初旬に荒木望遠鏡のメンテナンスを行い、主鏡を洗浄したので
細かい汚れやほこりが取れてピカピカになった鏡で皆さんに観望して頂けるかな?と思っていたのですが、天気としてはあいにくの曇りで、荒木望遠鏡での観望は行えませんでした。。
今週26日(土)も天体観望会を開催いたしますので、その時に期待しましょう!
(ちなみに26日は天文学講座も開催いたします★詳しくは前回のブログをご覧ください)

 

**********************************


先日、新しく作成した神山天文台リーフレットが届きました。

2

表紙も中身も全面リニューアルしました。

3


荒木望遠鏡の仕組みや付けられている装置のこと、研究の話も盛り込まれております。
来館されたときはぜひ手に取ってご覧ください。

☆実は子ども向けパンフレットも昨年中身をリニューアルしております。こちらも併せて見てみてくださいね♪

★天体観望会のご案内★
3月の天体観望会
26日(土)※天文学講座第4回も開催(15:00~16:30)
19:00~21:00(受付18:30~)
4月の天体観望会
2日、9日、16日、23日、30日(いずれも土曜日)
19:00~21:00(受付18:30~)

暖かくなってきたとはいえ、夜はまだまだ寒いです。
天体観望会に参加される際は、防寒対策をしっかりとして来てくださいね。
皆さまのご来場、お待ちしております。

天文学講座 第4回

こんにちは!神山天文台 事務室です。


先日の日食はあいにくの雨で見ることができませんでしたね。
北海道の方では何とか見れたようで、ニュースに写真があがっていました。
次回日本で見ることのできる日食は2019年だそうなので、気長に待ちましょう・・・。

さて、世間は春休みですが、神山天文台では
26日に岡山理科大学の加藤先生をお招きして天文学講座 第4回を開催します。

1

加藤先生は岡山理科大学の教授として赴任される前、大阪市立科学館にて館長をされていました。
春休み期間という事もあり、大人だけでなく子どもの皆さんにも聞いていただけるよう
小学生以上の方を対象として、太陽や星が光る理由や遠く離れた太陽や星の温度をどうすれば
測ることができるのかなど、わかりやすくお話して頂く予定です。

講座終了後は講師や研究者と気軽に話せるアストロノミー・カフェも開催予定です。
ぜひこの機会に、普段疑問に思っていることや聞きたいことを研究者の方にお話してみてくださいね。

また、夜は天体観望会も開催いたします。
講座で聞いた話を思い出しながら眺める星は、いつもとは違うかもしれませんよ。


今年度の講座はこちらで最後となりますので、みなさま奮ってご参加ください。
申込不要、入場無料です。


******************************

天文学講座第4回「星が光るのはなぜ?」

日時 2016年3月26日(土)15:00~16:30(受付14:30~)
講師 加藤 賢一 氏(岡山理科大学 教授/元 大阪市立科学館 館長)
詳細は神山天文台ホームページをご覧ください。
https://www.kyoto-su.ac.jp/events/20160326_859_kouza.html


気温が上がり、スギ花粉の飛散もピークがやってきました。
季節の変わり目、風邪をひかないようにどうぞお気を付け下さい。
皆さまのご来場をお待ちしております。

部分日食

こんにちは!神山天文台 事務室です。
テレビなどのメディアでも少し取り上げられていましたが、3月9日は部分日食が日本全国で見られますね!
今回、朝10時から昼12時ごろにかけてみられるこの現象ですが、日本から日食が見られるのは2012年以来約4年ぶりなんですよ!(2012年には金環日食が見られました)

★日食とは?
日食とは、太陽と月と地球がほぼ一直線上に並んだ時に起こる、地球から見て月が太陽の前を通り、太陽の一部・または全部を隠してしまう現象です。

今回、地球全体でみれば皆既日食(月が太陽をすべて隠してしまう)ですが、日本からは部分日食(月が太陽を一部だけ隠す)を見ることができます。
(日食のタイプなど、詳しくはAstroArsホームページに詳しく載っています↓)

http://www2.astroarts.co.jp/special/20160309solar_eclipse/index-j.shtml#about

今回インドネシアやグアム・サイパン周辺では皆既日食を楽しむことができるようですね。
日本からも気軽に行ける範囲なので、皆既日食観察のために旅行に向かう人もいるのではないでしょうか・・・!

日食を観察しよう、と思っている皆さま、日食を観察するときは、十分に注意してください。
太陽ですので、肉眼で欠けている様子を見ることはできません!目にも大きなダメージを負いますので、日食観察用めがねや専用の減光フィルターなど、道具を正しく使用して日食を見てくださいね。

神山天文台でも、9日は太陽観察メガネを用意しておく予定です(少量ですが)。
日食で欠ける大きさは今回そんなに大きくないそうなので、はっきりと欠けた!と見えるかはわかりませんが
日本で見えるのは数年に1度程度しかない貴重な機会なので、ぜひ観察してみてください♪


★卒業式特別開館のお知らせ★
3月19日(土)、20日(日)は本学の卒業式の為、神山天文台は特別開館致します。
土曜日の夜間には天体観望会も開催いたしますので、皆様ぜひご来場ください。
開館時間
2016年3月19日(土)10:00-21:00(天体観望会19:00-21:00)
2016年3月20日(日)10:00-16:00

岩倉図書館

こんにちは!神山天文台 事務室です。
すっかり暖かい陽気になり、花粉も飛び(嫌ですが・・・)
春が着々と近づいているなぁと感じますね。

さて、先月に行われました岩倉図書館と神山天文台サポートチームのコラボレーションイベントの様子が届きましたので、お伝えします。

岩倉図書館さんとのコラボイベントも今回で4回目。
今回は小型望遠鏡での観望会をはじめとして星座早見盤の使い方教室やMitaka上映、
紙芝居など盛りだくさんの内容でした!

 1

2

星座早見盤の説明や、紙芝居を熱心に聞くこどもたち。


3


天気も心配していましたが、無事外に小型望遠鏡を出すことができ
冬の夜空を来場者のみなさんに楽しんで頂くことができました。


春休み期間中もサポートチームの学生は次の企画に向け動き出しています。
春の新歓シーズン、新入生がたくさん仲間になってくれたら嬉しいですね。

★卒業式特別開館のおしらせ★
3月19日(土)、20日(日)は本学の卒業式の為、神山天文台は特別開館致します。
土曜日の夜間には天体観望会も開催いたしますので、皆様ぜひご来場ください。
開館時間
2016年3月19日(土)10:00-21:00(天体観望会19:00-21:00)
2016年3月20日(日)10:00-16:00

暖かくなってきたとはいえ、夜はまだまだ寒いです。
天体観望会に参加される際は、防寒対策をしっかりとして来てくださいね。
皆さまのご来場、お待ちしております。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016/03

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed