エントリー

2015年01月の記事は以下のとおりです。

科博連サイエンスフェスティバルに今年も出展します!

 

こんにちは、神山天文台 事務室です。
前回お伝えしたように、神山天文台では荒木望遠鏡のメンテナンスが始まっています。
鏡が戻り、メンテナンスが終了するまでの間、普段とは少し違う荒木望遠鏡の様子が
平日の施設見学ではご覧になれます。
(作業の関係上ドーム内の立ち入りスペースを制限しております。また、メンテナンス作業の為ドームを見学できない場合もございます。どうぞご了承ください。)

副鏡


ちなみにこちらはメンテナンスの際一時的に取り外された荒木望遠鏡の第3鏡です。
小さな鏡ですが、とっても重要な役割を担っているんですよ。

--------------------------------------------------------------------

天体観望会はお休み中ですが、神山天文台ボランティアチームの皆さんが主体となり、外部のイベントへの参加や企画などを通じて神山天文台の魅力を学外に発信してくれています。
その一つとして、科博連サイエンスフェスティバルに今年も出展します!


★科博連サイエンスフェスティバル(http://www.edu.city.kyoto.jp/science/kahakusf.pdf)とは?

京都市青少年科学センターにて毎年この時期(2月ごろ)に開催されている、京都府の科学系博物館などが科学の楽しさ・面白さを伝えるブースを出展するイベントです。

昨年時の様子↓
科博連


今年度は「荒木望遠鏡を作ろう!」と題して、神山天文台の荒木望遠鏡ペーパークラフト作成教室を行います。
荒木望遠鏡ペーパークラフトも昨年のものから改良を重ね、リニューアルしました!

新ペーパークラフト

 

ちなみにこちらが旧ペーパークラフト↓

旧式

こうして比べてみると、パーツがより忠実になっていたり、土台がよりしっかりした作りになっているのがわかりますね!

作り方も難しくなっているんじゃないの・・・?と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です!
もしわからないところがあっても、神山天文台ボランティアチームの学生さんがやさしく教えてくれますよ。

 

「科博連サイエンスフェスティバル」
開催日:平成27年2月8日(日)10:00~16:00
場 所:青少年科学センター 京エコロジーセンター
アクセスはこちらをご覧ください。
http://www.edu.city.kyoto.jp/science/access/index.html

 

神山天文台ボランティアチーム以外にも、様々なブースがありますので
お時間のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


--------------------------------------------------------------------

*お知らせ*

望遠鏡のメンテナンスおよび集中観測期間のため、3月中旬まで土曜日の天体観望会はお休みさせていただきます。
次回の天体観望会の開催は3/21(土)です。
みなさまのご来場をお待ちしております。

 

メンテナンス はじまりました

こんにちは、神山天文台 事務室です。
2015年もはや2週間が経ちましたね。学生さんも定期試験が間近に迫り、勉学に一層励んでいる姿をちらちら見かけます。

そんな中神山天文台では荒木望遠鏡の主鏡再めっきのための、主鏡の取り外し作業が行われました。
数年に一度しか行わないこの作業、鏡を取り外すまでの道のりが結構長く、
まず荒木望遠鏡下部についている様々な部品を取りはずした後

1

荒木望遠鏡の下にレールを敷き、やぐらを真下に移動させ、
ゆっくりネジを緩めながら下ろします。

23

 

やぐらごと、鏡の入っている部分を広い場所へ移動させたら、

4

 

下についているネジを締めることによって鏡の部分が上へ出てくる(!)ので
5


7

 

そこにフックをつけて吊り上げ、木箱へと収納します。

8

 

9

写真で見るとわかりにくいですが、間近で見ると細かいほこり等がたくさんついています。
キレイになって帰ってくるまでしばしのお別れです。

ちなみに鏡と聞くとみなさま薄いものを想像されるかもしれませんが、
荒木望遠鏡の主鏡はおおよそ20㎝(!)も厚みがあるんですよ。

木箱へ収納したあとはドームからの搬出ですが、主鏡は大きく重い上に繊細なものなので
階段やエレベーターでは持ち運びできません。
そこでこちら↓

10

実はドーム(とその下の部屋)の床に外とつながるハッチがあり、そこを開けて鏡の入った木箱をクレーンで下ろし、搬出します!

11

12

 

このハッチを開けて作業することはめったにないので、かなり貴重なシーンです。

13

 

最後は業者さんのトラックに積み込んで作業は終了です。

再めっき作業を終えて主鏡が神山天文台に戻ってくるのはおおよそ1か月後です。
ピカピカになった鏡で3/21の天体観望会を迎えるのが楽しみですね★

※主鏡再メッキ中の間も、平日の施設見学をして頂くことは可能ですが、
ドーム内に入れる場所が通常時より制限されます。どうぞご了承ください。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


★1月より3月中旬まで、望遠鏡のメンテナンスおよび集中観測期間のため、土曜日の天体観望会はお休みさせていただきます。
次回の天体観望会の開催は3/21(土)です。

寒い日が続きますが、みなさまどうぞ風邪をひかないようにお過ごしください。

新年のごあいさつ

2015

あけましておめでとうございます。

2015年もどうぞ神山天文台をよろしくお願い致します。

 

2015年元日

京都産業大学 神山天文台

 

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2015/01

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed