エントリー

2011年10月21日の記事は以下のとおりです。

荒木望遠鏡メンテナンス終了

140.jpg

こんにちは、専門員の藤代です。

本ブログには初投稿となります。今後ともよろしくお願いいたします。


月曜日から荒木望遠鏡のメンテナンスを行っておりましたが、本日無事に終了しましたので、本ブログにて報告いたします。


今回のメンテナンスは、神山天文台オープン以来初めての本格的なメンテナンスです。数多くの作業を行いましたが、荒木望遠鏡の心臓部である直径1.3m主鏡の洗浄が最も重要な作業でした。主鏡を望遠鏡からとりはずして見たところ、望遠鏡完成以来1年10か月の間に付着した汚れがたまっていました。鏡の反射率は相当落ちていたと考えられます。主鏡の水洗いを行ったところ、汚れはきれいに落ち、完成時と変わらぬ美しい鏡に戻りました。

明日(10/22)の観望会では、天体をより明るく美しく観察できるようになっていると思います。明日は天気が良くなるといいですね。皆様のご来場をお待ちしております。

10月22日(土)天文学入門講座の内容

こんにちは、専門員の中道です。

10月22日(土)15時~16時30分に実施する天文学入門講座では、まず木星の話をします。さらに、太陽系のいろいろな惑星の性質をまとめ、太陽系の起源を解説する予定です。

← 昨日はこのように書きましたが、講座の準備をしてみると、話す時間が足りないことがわかってきました。本日は、木星、木星のリングと衛星、太陽系の概観、小惑星の紹介と軌道について、天体衝突の話を入れていると、おそらく太陽系の起源までお話する時間が無さそうです。申し訳ありませんが、太陽系の起源、惑星系の誕生の話は、次週へ回すことになると思います。

最近の木星は、夜中じゅう非常に明るく見えています。しかし実は、神山天文台の東側に建物があるため、木星を荒木望遠鏡で観望できるようになるのは、おそらく来月からです。もし、明日、玄関前に小型望遠鏡を出すことになれば、観望会の終了間際(19時台の後半)に木星が見えるようになると思います。

このように、木星の観望に適した時期はもうちょっと後、来月以降なのですが、観望前の予習のつもりでご参加いただければ幸いです。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011/10

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed