エントリー

2011年10月10日の記事は以下のとおりです。

ノーベル物理学賞 解説講演 「超新星爆発を使った、宇宙の探り方」のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

先週、今年のノーベル物理学賞の授与が発表されましたね。S. Perlmutter、B.P. Schmidt、A.G. Riess の3名で、授賞理由は、「超新星爆発の研究による『宇宙の加速膨張』の発見」です。この発見は、宇宙論の研究をする研究者の中では広く受け入れられている重要な研究成果です。

そこで、10月15日(土)の天文学入門講座の時間の中で、米原厚憲 神山天文台研究員(本学理学部准教授)が、この発見の元となった超新星爆発の観測についての解説講演を行うことになりました。米原先生は理論、観測の両面から天文学の研究を進めている研究者ですので、わかりやすく解説をして頂けると思います。

天文学入門講座の後半、16:00から、神山天文台サギタリウスホールで実施します。講演会のみの参加も可能です。みなさまのお越しをお待ちしております。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011/10

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed