エントリー

2011年09月の記事は以下のとおりです。

9月24日(土) 一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

台風が過ぎて、随分と涼しくなってきました。今日は神山天文台も良く晴れて、久々に観望会日和になりそうです。観望会を行う観測ドームの中は外と同じ気温ですので、お越しになる際は、一枚多めに上着をお持ちいただくようにお願いします。

今夜は観望会中は月も出ないので、晴れればじっくりと暗めの天体も楽しんで頂けるかと思います。スタンプラリーの球状星団M15、海王星、アンドロメダ銀河M31などを観望するチャンスです。

みなさまのお越しをお待ちしております。

9月17日(土) 一般公開のお知らせ

こんにちは、専門員の吉川です。

今週は、残暑が厳しくて良く晴れた日が続きましたね。先日は、十五夜の翌日でしたが、神山天文台のボランティアの学生さんたちと一緒にお月見観望会を実施しました。今週こそは、土曜日の観望会もすっきり晴れるかと期待していましたが、また日本に台風が近づいていますね。ただいまの神山天文台のお天気は雨です。

今夜もお天気は回復しなさそうですので、立体映像上映会を実施する予定です。

  1. 19:00-
  2. 20:00-

の2回実施の予定です。見学にみえたみなさまの状況によって、多少、変動する可能性があります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

[PNV J00422171+4112338] : PN in M31

129.png

We performed optical low-dispersion spectroscopic observations of the possible nova in M31 ( PNV J00422171+4112338 ) on 2011 September 14.643UT using the 1.3m Araki telescope(+LOSA/F2). The total exposure time is 3600 sec.  The figure shows our spectrum of the object. The spectrum exhibits quite broad H-alpha and H-beta emission features. No other significant features are identified in our spectrum.  The FWHM of the H-alpha emission is about 4600 km/s ! This suggests that the object would be a very fast nova and a candidate of recurrent nova.  Such high expansion velocities are often observed in U Sco-type recurrent novae. The photometric observations are needed.

9月10日(土) 一般公開のお知らせ

こんにちは、専門員の吉川です。

先ほど、三好蕃先生の天文台講座が始まりました!探査衛星「はやぶさ」の話に始まり、宇宙の歴史を読み解く方法を理論的な研究の視点からお話をされています。

ただ今、神山天文台は日が差していますが少し雲が増え始めているようです。今夜は、月を見られますので、多少の雲でも荒木望遠鏡で月面散歩を楽しんでいただけると思います。もし運よく雲が取れれば、「回転花火銀河」としられるM101で見つかった超新星の観望を予定しています。この超新星は8月24日に発見され、今、10.3等まで増光しているそうです。私たちの天の川銀河のはるか外、2700万光年かなたからの光です。荒木望遠鏡でも目で見るのは難しそうな明るさですが、挑戦してみたいと思いますので、お楽しみに。

みなさまのお越しをお待ちしております。

[nova] PNV J16364440-4132340

127.png

We performed low-resolution optical spectroscopic observations of PN in Sco (cbat name is PNV J16364440-4132340) on 2011 Sep. 7.42 using the 1.3m Araki telescope with LOSA/F2 at Koyama Astronomical Observatory. The spectrum exhibits broad Balmer emission lines and Fe II multiplet emissions on a highly reddened continuum emission.  The H-alpha emission shows an assymmetric profile with FWZI about 6000 km/s.  Other significant features are invisible in our spectrum.  These results suggests that the object is an Fe II-type classical nova highly reddened by interstellar medium.

9月10日(土)天文台講座と一般公開のご案内

こんにちは、専門員の中道です。天文台講座のご案内です。

9月10日(土)は14時から一般公開を行います。そして、この日は特別に、15時から16時30分まで理学部教授の三好 蕃先生による天文台講座「ここまで見えてきた宇宙と地球の歴史」があります。予約は要りませんので、是非お越しください。今回は、主に中学生以上の方を想定した内容になります。詳細は、

http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20110910_kouen.htnl     をご覧ください。

天文台講座は、研究者と地域の方々の交流の場となることを目指して年4回行っています。三好先生は大変博識な方ですので、幅広いお話を聞くことができると思います。私も楽しみにしております。

また、夜は19時から21時まで(入館は20時30分まで)、晴れたら天体観望会、悪天候の場合は宇宙の立体映像とライブ解説を行う予定です。現在、天体スタンプラリーを実施中でして、5個以上の天体スタンプを集めていただいた方には、ささやかなオリジナル・グッズをプレゼントいたします。(景品の製作を待っておられた皆様、お待たせいたしました。今週末からお渡しできます。) 

皆様の御来館をお待ちしております。

 

[dwarf nova] PNV J18422792+4837425

125.png

We performed low-resolution optical spectroscopic observations of PNV J18422792+4837425 on 2011  September 6.55 at Koyama Astronomical Observatory. The spectrum shows Balmer series lines on a blue continuum light. The H-alpha line clearly shows a strong emission feature (E.W. about -300) in its absoption component. The H-beta and H-gamma were dominated by absorption components. These results indicates that the object would be a dwarf nova duirng its outburst.

9月3日(土) 台風のため一般公開を中止します

こんにちは、専門員の吉川です。台風12号が近づいてきておりますね。台風の進路付近にお住まいのみなさまはどうぞお気を付けください。

さて、すでに神山天文台のサイトでもお知らせしておりましたとおり、本日正午の時点で暴風警報が解除されないようですので、残念ながら、本日の一般公開は、施設見学、立体映像上映も含めて全て中止とさせていただきます。

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011/09

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed