エントリー

2011年08月の記事は以下のとおりです。

[nova] PNV J145420000-5505030: Nova Lup 2011

123.png

We performed optical spectroscopic observations (R about 400) of Nova Lup 2011 on 2011 Aug. 16.6 at Bosscha Observatory of Institut Teknologi Bandung using a 20-cm Schmidt-Cassegrain telescope with SBIG DSS7 spectrograph.  Our spectra exhibits strong H-alpha, H-beta and Fe II multiplet emissions, suggesting that the nova is a Fe-II type classical nova.  These results are consistent with previous reports in ATel #3536 and #3540.  P-Cygni profiles disappeared for any lines and the FWHM of the H-alpha emission is about 1700 km/s. This observation program is performed by the collaboration of Koyama Astronomical Obs. and Bosscha Obsrvatory, Institut Teknologi Bandung, Indonasia.

8月20日(土) 一般公開・オープンキャンパスのご案内

専門員の吉川です。

本日も、京都産業大学のオープンキャンパスを実施しています。昼からあいにくの雨ですが、たくさんの高校生のみなさんが河北台長による望遠鏡の解説や講義に耳を傾けていました。立体映像上映も実施しております。

  1. 14:00-
  2. 15:30-

の2回の実施で、現在、1回目の上映を行っております。ご来場をお待ちしております。

雨は、予報では夜まで降り続きそうです。もしこのままお天気が回復しない場合は、天文台のサギタリウスホールで宇宙の立体映像上映を実施します。

  1. 19:00-
  2. 20:00-

の2回の予定です(見学にみえたみなさまの状況によって、多少、変更する可能性があります)。

みなさまのご来場をお待ちしております。

[Possible Nova in M31] PNV J00444794+4138096

121.png

We performed low-dispersion optical spectroscopic observations of a Possible Nova in M31  (CBAT name is PNV J00444794+4138096 ) usign 1.3m Araki telescope with LOSA/F2 (R~580@H-alpha) on 2011 August 07.6UT.  Our spectra of the object (the blue spectrum) exhibits broad H-alpha and H-beta emission lines with FWHM about 2000 km/s. Although other emission / absorption features are invisible in our spectra, such large expanding velocities suggest that the object would be a classical nova.  

8月6日(土) 一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

今日は、京都産業大学のオープンキャンパスを実施しております。多くの高校生のみなさんが天文台を訪れて、活気に満ちています。この中から、将来、神山天文台で天文学者になる学生さんが現れるのでしょうか。楽しみですね。

オープンキャンパスの期間中は、神山天文台では宇宙の立体映像上映を実施します。本日は、

  1. 14:00-
  2. 15:30-

の2回の実施予定です。明日、8月7日(日)と、8月20日(土)のオープンキャンパスでも、同じ時間で上映の予定です。みなさまのご来場をお待ちしております。

さて、今夜の天体観望会ですが、お天気が少し心配ですね。神山天文台は、現在、日が差していますが、少し雲が多いようです。今夜はちょうど半月を見ることができますので、もし雲間からの観望になってしまっても、荒木望遠鏡で月面散歩ができると思います。「スタンプラリー」の「月」を集めるチャンスにもなります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

[Possible Nova in M31] PNV J00414112+4120117

119.png

We performed low-dispersion optical spectroscopic observations of Possible Nova in M31 (= PNV J00414112+4120117) using the 1.3m Araki telescope on 2011 August 03.7UT.

The red spectrum in the figure shows our preliminary spectrum of PNV J00414112+4120117. Our spectra of PNV J00424483+4118007 and V5588 Sgr are also shown. 

The spectrum exhibits the broad H-alpha, H-beta emissions (FWHM about 1600 km/s) and Fe II multiplet emission features, which suggest that the object is a Fe II-type classical nova after the maximum.

[Possible Nova in M31] PNV J00424483+4118007 is a Classical Nova

118.png

We performed optical spectroscopic observations of PNV J00424483+4118007 using 1.3m Araki telescope with our low-dispersion optical spectrograph (LOSA/F2: R~580@6000) on July 29 and 30 UT at Koyama Astronomical Observatory, Kyoto Sangyo University, Japan.

The figure shows our preliminary specum on July 30.  We detected a broad H-alpha emission line with FWHM = 1800 (+/- 200) km/s in our preliminary spectra on both nights.  In spectra on July 30, H-beta and Fe II multiplet emissons were seen. Although this object is very faint (CCD~17), our spectrum shows a conitmuum light accompanied with a blue-trend. This means that the interstellar reddening toward to the object would be  small. These results suggest that PNV J00424483+4118007 is a 'Fe II'-type classical nova in M31. 

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011/08

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed