エントリー

2011年05月の記事は以下のとおりです。

[season] rainy season

97.jpg

The rainy season has begun. According to the Japan Meteorological Agency, this year's rainy season began around May 26 in the Kinki region(*), about 12 days earlier than previous years.

(*) The Kinki region lies in western Japan, and includes Osaka, Kyoto, Nara, Hyogo, Shiga, Wakayama and Mie prefectures.

 

 

5月28日(土) 一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

今年はずいぶんと早く梅雨に入ってしまいましたね。しばらくは、星空を見るのもむずかしくなってしまいそうです。

神山天文台も、今は雨が降っています。この雨は夜まで降り続くことが予報されていますので、今夜は宇宙の立体映像上映会になりそうです。19:00、20:00の、2回の上映予定となります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

[dwarf nova] slit viewer image of OT J210950.5+134840

95.png

[dwarf nova] spectrum of OT J210950.5+134840

94.png

We performed optical low-dispersion spectroscopy (range 400-750nm; R~600@H-alpha) of a new variable star OT J210950.5+134840(*) on May 25.67UT using 1.3m Araki-telescope with LOSA/F2. 

Our spectum shows a blue continuum with H_beta and H_gamma absorptions with no significant blue-shifts. No obvious line is visible at the H_alpha wavelength. This suggests that an emission component of H_alpha could be filling in the absorption line. Our result suggests that the object would be a dwarf nova in outburst.

(*) OT J210950.5+134840 was discovered by K. Itagaki on 2011 May 24.

http://www.cbat.eps.harvard.edu/unconf/followups/J21095047+1348396.html

5月21日(土) 一般公開

専門員の吉川です。

残念ながら、ただ今の神山天文台は曇り空です。もしこのまま天気が回復しない場合は、宇宙の立体映像上映会となります。本日は米原准教授による講演会を開催しますので、少し変則的な上映になりますのでご了承ください。

  • 19:30-20:00: 緊急講演会 「ひとりぼっちの惑星」 米原准教授
  • 20:15-20:45: 宇宙の立体映像上映会 「宇宙への旅」 中道専門員

5月21日(土) 緊急特別講演会のお知らせ

こんにちは、専門員の吉川です。本日も14時から一般公開を開始しております。15時からは、先週に引き続き中道専門員による「天文学入門講座」を実施します。

すでに新聞、テレビ等でも報道されていますとおり、わたしたちの銀河系の中に「ひとりぼっちの惑星」が数多く見つかった、というニュースが流れています。興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか?実は、京都産業大学理学部物理科学科の米原厚憲准教授の専門も、こうした太陽系外の惑星探しで、神山天文台の荒木望遠鏡を使い、こういった研究に加わろうとしています。そこで、緊急特別講演として、今回の「ひとりぼっちの惑星」探しや、荒木望遠鏡による太陽系外の惑星探しについての講演を米原准教授が行います。

一般公開の時間中に、2回の実施予定です。

  • 第1回 (16:00-16:30): 天文学入門講座の後半の時間に行います。主に入門講座を受講の方が対象ですので、高校生以上を対象としたお話をします。(特別公演のみの聴講も可能です)
  • 第2回 (19:30-20:00): 観望会時間中に実施します。小さなお子様にもお分かり頂ける内容でお話しします。

みなさまのご来場を、お待ちしております。

5月14日(土)一般公開と天文学入門講座のご案内

こんにちは、専門員の中道です。最近の土曜日は天気に恵まれませんでしたので、久しぶりの晴天が嬉しいですね。

本日は、14時から一般公開を始めます。(14時までは閉館していますので、ご注意くださいませ)

15時からは、天文学入門講座の第一回目を始めます。この講座は高校生以上の方を対象に、天文台の設備(望遠鏡や実験道具など)を活用したり、当日夜の天体観望会とリンクしたりしながら、天文学の基礎を一通り学んでいただけます。全15回の講座は一応、各回で完結する内容ですので、ご都合の良い日時のみご参加いただいても大丈夫ですが、10回以上参加された方には修了証を差し上げる予定です。

本日と来週は、太陽をテーマにしています。講義の他に、このまま晴れていたら太陽望遠鏡を覗いていただきます。危なくないように、光の量を減らして安全に見ていただける太陽専用の望遠鏡を使います。太陽から流れ出るガスや黒点は見えるでしょうか?(その時の太陽の活動状況と、こちらの天候に依ります。)

また、初回の本日は参加者の皆様にアンケートをとり、宇宙について疑問に思っていることや、講座でどのような内容を希望されるかをお尋ねします。アンケートの結果をふまえて講義内容を追加していく予定ですので、是非、ご参加ください。ご予約は要りません。

夜は、天体観望会の予定です。明るい月を見る時は、まぶしくないようにムーン・フィルターを装着する予定です。5月は人気の土星も見頃です。

皆様のご来館をお待ちしております。

5月7日(土) 一般公開中です

 こんにちは、専門員の中道です。ゴールデンウイークもほぼ終わりですね。皆様はどのように過ごされたでしょうか? ちなみに神山天文台では、観測やデータ解析が進んだようです。

 現在、一般公開中です。昼頃から天候が回復してきて、多少の雲はありますが、19時から21時まで(入館は20時30分まで)天体観望会を実施する予定です。昼間は暖かくても夜間は涼しくなりますので、ジャンバーやコートなどをご用意くださいませ。

 5月は、人気の土星が見頃です。梅雨に入る前に、可愛らしい環と、土星の周りを回る衛星を是非ご覧ください。 また、色が美しい二重星(肉眼で見ると1つの星ですが、望遠鏡を覗くと2つの星に見えます)もいくつか観望する予定です。 本日は、細い月も出ています。月の表面のでこぼこ(クレーターなど)を見易い時期ですので、月もお見逃しなく!

 皆様の御来館をお待ちしております。

 

ページ移動

  • prev
  • next
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2011/05

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed