エントリー

2011年01月の記事は以下のとおりです。

[nova] Spectroscopic confirmation of Possible Nova in Sgr

38.png

We performed low-reslution (R~550) spectroscopic observations of the possible nova in Sgr (= PNV J17474639-2335112 listed in the TCOP of CBAT web page) using Araki telescope and LOSA/F2 at Koyama Astronomical Observatory on 2011 January 28.863UT. Our observations were carried out under the cloudy sky. The spectrum of the object shows prominent emission lines in H-alpha, H-beta and O I (777.4 nm) on a highly reddened continuum light. These features suggest that the object would be a classical nova past the maximum light reddened by interstellar mediums.

1月22日(土)一般公開 小雨が降っています

神山天文台は夕方から小雨が降ってきたため、残念ながら今夜の観望会は中止します。観望会を楽しみしていただいた方には申し訳ありません。

本日は三次元立体映像「宇宙への旅」を中道専門員による生解説で上映いたします。上映時刻は、18:15、19:15の2回となります。皆様のご来場をお待ちしております。

1月22日(土) 一般公開のお知らせ

1月22日(土)は通常通り一般公開を行います。

14時から16時までは神山天文台の施設見学と、専門員による質問コーナーを行います。また、お天気が良ければ、太陽望遠鏡による太陽観察も行う予定です。

夜間の天体観望会は18時から20時までとなります。受付は19時30分までです。

消えていた木星の縞が復活しつつある様子が神山天文台でも確認されており、日に日に変化すると考えられますので大変注目です。22日(土)の観望会では、荒木望遠鏡を使った木星の観望の他、月が無い暗い夜ですので、冬の夜空を彩る生まれたばかりの星が輝く星団、星雲の観望を行う予定です。

夜間は非常に冷え込むことが予想されます。荒木望遠鏡のドーム内ではスリッパに履き替えて頂きますので、特に厚手の靴下など足元の防寒を十分ご用意して頂くようにお願いします。

みなさまのご来場をお待ちしております。

[dwarf nova] OT J012059.6+325545 : update

35.jpg

We update our light curves of OT J012059.6+325545. Our latest observations were performed on Jan. 19. The object showed a rapid and deep fading between Jan. 17 and 18. But, a large rebrightening was observed again on Jan. 19. A large spike was also observed at the last part of its rebrightening phase of WZ Sge in 2001 outburst (ref. Ishioka et al. 2002 and http://vsnet.kusastro.kyoto-u.ac.jp/vsnet/DNe/wzsge.html). We specurate that this large rebrightening of OT J01205+325545 may be also the last rebrightening of the current rebrightening phase, because the rebrightening phase of OT J01205.6+325545 is very similar to that of WZ Sge.

1月15日(土) 一般公開はお休みです

明日、1月15日(土)は本学でセンター試験が実施されるため一般公開、観望会は中止となります。

次回は1月22日(土)となります。みなさまのご来場をお待ちしております。

Possible Nova in M31 : spectroscopic confirmation

33.png

We carried out the low-resolution spectroscopic observations of "Possible Nova in M31" on Jan. 11 according to the discovery by K. Nishiyama and F. Kabashima. Our observations were performed by 1.3m Araki telescope and LOSA/F2 spectrograph. The spectrum shows clearly P-Cygni profiles at H-alpha, H-beta, Fe II and O I lines. The absorption minmum at the H-alpha line is blue-shifted by about 1300km/s. These features indicate that the object is a classical nova in very early phase.

[dwarf nova] MisV1443 (=TCP J06195996+1926590) : spectrum on 10 Jan.

32.png

We obtained a low-resolution spectrum of MisV1443 according to [vsnet-alert 12580] on 10 Jan. using 1.3m Araki telescope. The spectrum of the object shows bload balmer absorption lines and the weak Ha emission line. Our result is consitent with that by 1.82-m Plaskett telescope(*1).

These feature indicate that MisV1443 would be a dwarf nova in outburst

(*1 reference :  http://www.cbat.eps.harvard.edu/unconf/tocp.html)

[dwarf nova] OT J012059.6+325545 : light curves

31.png

The figure shows our preliminary light curves in g' and i' bands. The vertical axis indicates that the relative magnitdues (not apparent magnitudes). We confirmed that the color of the object became red just after the rapid fading. The object is now in a rebrightening phase which is similar to the phase of WZ Sge in 2001 outburst.

1月8日(土) 観望会 終了しました

本日も寒い中ご来場いただきましてありがとうございました。

昼間の日差しのおかげでドームについていた氷もとけ、予定通り観望会を実施しました。木星、月や、予定通りオリオン大星雲も観望して頂きました。

来週1月15日(土)は本学でセンター試験が実施されるため一般公開、観望会は中止となります。次回は1月22日(土)となります。みなさまのご来場をお待ちしております。

1月8日(土)天候が回復してきました

こんにちは、専門員の中道です。

キャンパス内の雪はほぼ溶けましたので、普通の靴でいらっしゃっていただけます。

午前中はドーム屋根の北側に氷がついていましたが、向日葵のように屋根を回して氷を日に当てていたので、今では溶けて乾きました。

天候が回復してきて、天体観望会ができそうです。皆様のご来台をお待ちしております。

 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2011/01

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed