エントリー

2010年12月の記事は以下のとおりです。

[dwarf nova] OT J012059.6+325545 : spectrum in rebrightening phase

23.png

We obtained a spectum of OT J012059.6+32554 on Dec.29. The spectrum shows the strong H-alpha emission. On the other hand, we detected that the H-beta line shows an emission feature and the H-gamma shows an absorption feature. These features imply that the accretion disk is still hot.

[dwarf nova] OT J012059.6+325545 : rebrightening

22.png

We detected a rebrightening of OT J012059.6+325545 tonighit (Dec. 28.535UT). In g'-band, the brighteness of the object is about 1.8 mag brighter than that on 2010 Dec. 26. The figure shows our images observed on Dec.26 and Dec.28.

12月25日(土)観望会 終了しました

今夜の神山天文台は、とても冷え込み、風も強かったのですが、空気は澄んでいて淡い天体まで観望することができました。

寒い中、ご来場いただきましてありがとうございました。

年明け最初の一般公開は1月8日(土)となります。来年もよろしくお願いします。皆様が良いお年を迎えられますことをお祈りします。

[Dwarf Nova] PT And : a spectrum on 2010 Dec.10

20.png

 

We obtained an optical spectrum of PT And = M31N 2010-12a (c.f. CBET 2574)
according to the report by vsnet-alert on 2010 Deceber 10.
No prominent emission lines were detected in our spectra
as observed in ordinary classical or recurrent novae in its early decline phase.

Our result is in agreement with recent reports that the object
appear to be a dwarf nova  ( [vsnet-alert 12484] , [vsnet-alert 12527]).

12月25日(土)観望会 晴れています

神山天文台は16時現在、晴れておりますので、今晩の観望会は予定通り開催します。

ただ、今も風が強く、夜になると大変冷え込むことが予想されますので、防寒具(厚手のコート、手袋、マフラー、耳あて等)をしっかりご用意頂くようにお願いします。

今夜は、18:15から河北台長によるクリスマス特別講演、「クリスマス・スターのお話し」が行われます。15分程の講演の後、通常通りの観望会を開催いたします。

みなさまのご来場をお待ちしております。

12月25日(土) 一般公開のご案内

メリー☆クリスマス! 専門員の中道です。

25日(土)の昼間の一般公開は、晴れたら14時から16時に太陽望遠鏡で太陽を観察します。太陽に大きなプロミネンスや黒点が出ていれば見えますので、ぜひ遊びにいらしてください。

また、質問コーナー、3階ドームの荒木望遠鏡(口径1.3m望遠鏡)見学は、天候にかかわらず、いつも通り実施します。なお、太陽観察と質問コーナーは両方とも私が担当しますので、1階ロビーの質問コーナーに専門員が不在の場合は、玄関前の太陽望遠鏡のところにおります。

夜の一般公開は、先に河北台長からの案内が載っているように、クリスマス☆スペシャルです。晴れていれば、クリスマスの星についての講演と、天体観望の両方ともお楽しみいただける特別企画です。(悪天候の場合は、18時15分からのクリスマス☆スペシャル講演会に引き続き、3D映像とライブ解説「宇宙への旅」を上映いたします。)

クリスマス☆スペシャルの講演内容については、この1つ前の河北台長の記事をご覧ください。

夜間の天体観望会では、1本消えていた縞模様に復活の兆しが見られる木星とその衛星たち、ペルセウス座の散開星団h-χ、ケフェウス座の赤色超巨星ガーネット・スター、アンドロメダ座の二重星γ星(アルマク)、空が透明でスッキリと晴れている場合は球状星団や銀河なども観望を予定しております。非常に寒くなりますので、防寒着(厚手のコート、手袋、帽子、マフラーなど。台内ではスリッパに履き替えていただきますので、足元もかなり冷えます。)をご用意ください。

皆様のご来台をお待ちしております。

クリスマス☆スペシャル

こんばんわ、天文台長の河北です。いよいよ今週末は、クリスマスですね(^o^)☆

今年はクリスマスが土曜日になっていますから、天体観望会もありますので、晴れるといいのですが。お天気はどうでしょう?

さて、クリスマスと言えば、クリスマス・ツリーの上についているお星様。いったい何だかご存じですか?

いわゆる「クリスマス・スター」ですが、これは聖書にでてくる「ベツレヘムの星」をあらわしているといわれています。しかし、その星の正体については、いまだにはっきりわかっていません。いろんな説があります。

そこで今週の土曜日は、通常通りの天体観望会に加えて、私が18:15から「クリスマス・スター」について紹介いたします。時間にして15分ほどですが、せっかくのクリスマス、神山天文台へ星を見にきてみませんか?

12月18日(土)観望会 終了しました

本日は晴れ間が見えていたものの、残念ながら雨が降ってきてしまったため望遠鏡のドームを開けることができませんでした。そのため、観望会は中止にし、立体映像上映のみとさせて頂きました。観望会を楽しみにご来場いただいた皆様には申し訳ありませんでした。

雨滴が付いて鏡が汚れてしまうのを防ぐため、雨が降ってくる可能性が高い時には望遠鏡を天体に向けることができません。また、急な雨の時に鏡を守るため、望遠鏡のドームには雨センサが付いています。今日は何度かドームを開けてみましたが、すぐに雨センサが働いてドームが自動的に閉まってしまいました。

来週が今年最後の観望会となります。皆様のご来場をお待ちしております。

12月18日(土)観望会 小雨が降っています

18:00からの観望会に備えて準備を始めましたが、残念ながら、神山天文台は晴れ間が見えるものの小雨が降っています。そのため、荒木望遠鏡の観測ドームを開けることができません。観望会を楽しみにしていただいた方には申し訳ありません。

本日は、18:15より立体映像「宇宙への旅」を中道専門員の生解説で上映します。

19:00以降の天気に応じて、後半は観望会に切り替える可能性もございますので、天気の回復に期待したいと思います。

12月18日(土) 一般公開が始まりました

本日の一般公開が始まりました。質問コーナーで皆様のご来場をお待ちしております。

残念ながら、神山天文台は曇りのため本日の昼間の太陽観望は難しそうです。

夜は、西から晴れ間が広がってきており、予報によると夕方から晴れてくるようです。神山天文台でも、時折、日が差してきていますので、今後の天候回復に期待したいと思います。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2010/12

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed