エントリー

一般公開

10月8日(土) 一般公開: 快晴です!

こんばんは、専門員の吉川です。

夕方になって、神山天文台は晴れてきました!間もなく観望会が始まります。みなさまのお越しをお待ちしております。

10月8日(土) 一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

今日から中道専門員の「天文学入門講座」を再開しました。今日は「月」をテーマに講座を実施しております。

今夜の観望会でも、月を観望することができます。今夜は上弦の半月を過ぎて、少し太った月を見ることができます。荒木望遠鏡で月面散歩をお楽しみください。月夜になりますので、暗い天体は少し見えづらくなります。まだ空の高いところにある夏の星座の星たちや二重星などを観望して頂けるとおもいます。

お天気の方は、少し雲が多いようです。予報では夜にかけて晴れてくるようですので、回復に期待したいと思います。

天文学入門講座の再開のお知らせ

こんにちは、専門員の中道です。秋らしい気候になりましたね。

7月まで開催していた天文学入門講座を、今週末の8日(土)から再開いたします。

今回からは、その日の夜の天体観望会で観望予定の天体についても解説いたします。(それ以外にも、天文学の話題を一通り学ぶことができるように、他の話題もご用意しています。) 8日(土)は月を観望することができる数少ない土曜日ですので、月に関する話題をご紹介します。月はどうやって生まれたのか、月や地球はどのように動いているのか(月の運行など)・・  講座の中で、3Dのムービー「月の誕生」(国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト制作のMitakaを使用)も御覧いただこうと思います。

ご予約は不要ですので、お気軽にご参加くださいませ。時間は15時~16時30分です。そのまま少しお待ちいただくと、18時から天体観望会もございます。

皆様のご来場をお待ちしております。

10月1日(土) 一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

今日は京都産業大学のイベント、サタデージャンボリーを実施しており、地域の親子連れのみなさんが多く来場されています。京都産業大学神山天文台でも、サタデージャンボリーに合わせて2回の宇宙の3D映像上映を実施しています。先ほど、2回目の上映が始まったところです。

さて、現在の神山天文台は、薄雲があるものの晴れ間が見えています。このままのお天気がもってくれれば、今夜も観望会は実施できそうです。まだ空の高いところに見える夏の星座の星たちや、二重星、薄雲が取れてくれば、最遠の惑星たち、海王星と天王星、無数の星たちが密集した球状星団などもご覧頂けると思います。

なお、日没が早まるのに合わせて、今月から観望会の実施時間が1時間早まります。18時~20時(受付は19時30分まで)となりますのでお間違えないようにお願いします。

9月24日(土) 一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

台風が過ぎて、随分と涼しくなってきました。今日は神山天文台も良く晴れて、久々に観望会日和になりそうです。観望会を行う観測ドームの中は外と同じ気温ですので、お越しになる際は、一枚多めに上着をお持ちいただくようにお願いします。

今夜は観望会中は月も出ないので、晴れればじっくりと暗めの天体も楽しんで頂けるかと思います。スタンプラリーの球状星団M15、海王星、アンドロメダ銀河M31などを観望するチャンスです。

みなさまのお越しをお待ちしております。

9月17日(土) 一般公開のお知らせ

こんにちは、専門員の吉川です。

今週は、残暑が厳しくて良く晴れた日が続きましたね。先日は、十五夜の翌日でしたが、神山天文台のボランティアの学生さんたちと一緒にお月見観望会を実施しました。今週こそは、土曜日の観望会もすっきり晴れるかと期待していましたが、また日本に台風が近づいていますね。ただいまの神山天文台のお天気は雨です。

今夜もお天気は回復しなさそうですので、立体映像上映会を実施する予定です。

  1. 19:00-
  2. 20:00-

の2回実施の予定です。見学にみえたみなさまの状況によって、多少、変動する可能性があります。

みなさまのご来場をお待ちしております。

9月10日(土) 一般公開のお知らせ

こんにちは、専門員の吉川です。

先ほど、三好蕃先生の天文台講座が始まりました!探査衛星「はやぶさ」の話に始まり、宇宙の歴史を読み解く方法を理論的な研究の視点からお話をされています。

ただ今、神山天文台は日が差していますが少し雲が増え始めているようです。今夜は、月を見られますので、多少の雲でも荒木望遠鏡で月面散歩を楽しんでいただけると思います。もし運よく雲が取れれば、「回転花火銀河」としられるM101で見つかった超新星の観望を予定しています。この超新星は8月24日に発見され、今、10.3等まで増光しているそうです。私たちの天の川銀河のはるか外、2700万光年かなたからの光です。荒木望遠鏡でも目で見るのは難しそうな明るさですが、挑戦してみたいと思いますので、お楽しみに。

みなさまのお越しをお待ちしております。

9月10日(土)天文台講座と一般公開のご案内

こんにちは、専門員の中道です。天文台講座のご案内です。

9月10日(土)は14時から一般公開を行います。そして、この日は特別に、15時から16時30分まで理学部教授の三好 蕃先生による天文台講座「ここまで見えてきた宇宙と地球の歴史」があります。予約は要りませんので、是非お越しください。今回は、主に中学生以上の方を想定した内容になります。詳細は、

http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20110910_kouen.htnl     をご覧ください。

天文台講座は、研究者と地域の方々の交流の場となることを目指して年4回行っています。三好先生は大変博識な方ですので、幅広いお話を聞くことができると思います。私も楽しみにしております。

また、夜は19時から21時まで(入館は20時30分まで)、晴れたら天体観望会、悪天候の場合は宇宙の立体映像とライブ解説を行う予定です。現在、天体スタンプラリーを実施中でして、5個以上の天体スタンプを集めていただいた方には、ささやかなオリジナル・グッズをプレゼントいたします。(景品の製作を待っておられた皆様、お待たせいたしました。今週末からお渡しできます。) 

皆様の御来館をお待ちしております。

 

9月3日(土) 台風のため一般公開を中止します

こんにちは、専門員の吉川です。台風12号が近づいてきておりますね。台風の進路付近にお住まいのみなさまはどうぞお気を付けください。

さて、すでに神山天文台のサイトでもお知らせしておりましたとおり、本日正午の時点で暴風警報が解除されないようですので、残念ながら、本日の一般公開は、施設見学、立体映像上映も含めて全て中止とさせていただきます。

8月20日(土) 一般公開・オープンキャンパスのご案内

専門員の吉川です。

本日も、京都産業大学のオープンキャンパスを実施しています。昼からあいにくの雨ですが、たくさんの高校生のみなさんが河北台長による望遠鏡の解説や講義に耳を傾けていました。立体映像上映も実施しております。

  1. 14:00-
  2. 15:30-

の2回の実施で、現在、1回目の上映を行っております。ご来場をお待ちしております。

雨は、予報では夜まで降り続きそうです。もしこのままお天気が回復しない場合は、天文台のサギタリウスホールで宇宙の立体映像上映を実施します。

  1. 19:00-
  2. 20:00-

の2回の予定です(見学にみえたみなさまの状況によって、多少、変更する可能性があります)。

みなさまのご来場をお待ちしております。

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed