エントリー

一般公開

7月14日(土)一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

ジメジメとした日が続きますね。午後から少し日が射すこともありましたが、ついに雨が降ってきてしまいました。今夜も観望会は無理のようです。今夜は立体映像上映を

  • 19:00-
  • 20:00-

の2回、上映予定です。

みなさまのお越しをお待ちしております。

7月7日(土)一般公開のご報告

こんばんは、専門員の中道です。七夕の日を皆様はどのように過ごされたでしょうか?

神山天文台ではあいにくの曇天でしたが、約50名の方々にご来館いただけました。

河北台長による七夕講演会の後、引き続き私が19時からと20時10分頃からの2回、3Dライブ解説上映を行いました。その後、なんと!20時40分から天候が回復し、急遽、藤代専門員と一緒に天体観望会を実施することができました。既に大半のお客様がお帰りになった後でしたが、アークトゥルス、土星、火星、ベガ(織姫星)を1.3m望遠鏡で観望しました。

本日早めにお帰りになって天体を見られなかった皆様も、次の機会には天候に恵まれることを祈っております。8月4日までは毎週、一般公開を実施しますので、是非またいらしてくださいませ。(その後、8月は2週続けて休館となります。)

7月7日(土)一般公開と七夕講演会のご案内

こんにちは、専門員の中道です。

今日は七夕ですね。神山天文台では、18時から河北台長による七夕講演会「織姫星と彦星~Vega & Altair~」を開催します。お子様にもわかりやすく話しますので、七夕の夕べのひとときを神山天文台で過ごしてみませんか?

七夕講演会の詳しい内容は 下記のホームページをご覧ください。ご予約は不要です。

http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20120707_kouen.html

19時から、湿度が下がって晴れ間が出てきたら、1.3m望遠鏡による天体観望会、天候が回復しなければ3D映像「宇宙への旅」ライブ解説を私が担当します。天体観望会または3Dライブ解説は、七夕講演会と相補的な内容を目指しますので、講演会と合わせてお楽しみください。どちらもご予約は不要です。

また、本日も一般公開は14時から21時までです。入館は20時30分までになります。七夕講演会の前に望遠鏡ドーム内を解説つきで見学していただくこともできますので、皆様のご来館をお待ちしております。

6月30日(土)一般公開のご案内

こんにちは、専門員の中道です。

昨日までは、梅雨の合間の晴れ間を見つけて、毎日数時間は観測できていた神山天文台でしたが、今は曇天ですし、今晩の天体観望会は無理そうです。。。

悪天候の場合は、19時~ と 20時~ の2回、宇宙への旅を3Dライブ解説で上映いたします。すいていれば、どの星に行ってみたいか、皆様のリクエストにお応えできるかもしれませんし、ゆっくり質問していただけます。また、天文の本や雑誌を読みに来ていただいても結構です。このようなお天気ですが、上映準備をして皆様の御来館をお待ちしております。

6月23日(土)一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

今週は台風が2つもやってくる、非常に荒れた天気でしたね。さて、台風が去って少し落ち着いた天気にはなりましたが、やはりまだ梅雨空は続くようです。神山天文台も、雨は降らないものの曇り空です。今夜の観望会も実施は難しそうです。

立体映像上映は、

  • 19:00-
  • 20:00-

の2回の上映予定です。来場されるみなさまの状況によっては、上映開始時刻が多少前後する場合がございますのでご了承ください。

6月23日(土)天文学入門講座「空の周期」の内容

こんにちは、専門員の中道です。

6月23日(土)15時~16時30分の天文学入門講座にて「空の周期」の話をします。

内容は、星座の誕生(ここは前回の廣瀬さんの講座の復習になります)、現在の星座、実視等級、フラックス、地球の運行、歳差、月の運行、潮の満ち引き を予定しております。

これらの話題について初めて聞く方に わかり易いようにお話するつもりですので、皆様のご参加をお待ちしております。

6月16日(土)一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

梅雨の中休みも終わって、また一気に梅雨らしい天気になってしまいました。今日は夜も雨が上がらなさそうです。

今日は京都産業大学のオープンキャンパスです。雨の中、高校生のみなさんが神山天文台にも来場し、高校生向けに立体映像上映を実施しております。

今夜は、残念ながら観望会は実施できなさそうですので立体映像上映になります。

  • 19:00-
  • 20:00-

の2回の上映予定です。来場者のみなさまの状況によっては上映開始時刻が多少前後する場合がありますのでご了承ください。

6月9日(土)一般公開のご案内

こんにちは、専門員の吉川です。

近畿地方は昨日から梅雨入りしましたね。しばらくはすっきりとした天気で観望会をするのは難しくなりそうです。

今日は、天文学入門講座の特別編として、京都大学大学院の廣瀬匠さんをお呼びして、「天文学の世界史」~四大文明からルネッサンスまで~と題した講演会と、アストロノミー・カフェを実施します。廣瀬さんは、今年の春に本学の修士課程を卒業され、昨年度は天文台の補助員としても活躍してくださいました。天文学の歴史を研究している学生さんで、今日も面白いお話が聞けることを私も楽しみにしています。本日、15時から始まります。

お天気は、雨は上がっていますがやはり曇り空です。今夜は宇宙の立体映像上映になりそうです。

  • 19:00-
  • 20:00-

の2回上映予定です。なお、来場される方の状況によって、多少、開始時間が変わる可能性がありますのでご了承ください。

みなさまのご来場をお待ちしております。

6月2日(土)

こんにちは、専門員の吉川です。

本日の神山天文台は、残念ながら雲が広がっています。今日は天候の回復は難しそうです。そろそろ梅雨に入りそうですね。

今夜は、2回、宇宙の立体映像上映を実施する予定です。

  • 19:00-
  • 20:00-

みなさまのお越しをお待ちしております。

5月26日(土)観望会のご報告

こんばんは、専門員の中道です。

本日は雲が広がって前半は何も見えず、苦しい観望会でした。吉川専門員が宇宙の映像を上映&ライブ解説を2回行い、私は荒木望遠鏡でお客様と一緒に雲が切れるのを待っておりました。終了間際にようやく雲が薄くなり、細い月、アークトゥルス、レグルス、土星、ベガ(織姫星)、火星を雲越しに見ることができました。肉眼では一つも星が見えないほどの曇天でしたが、なんとか天体の姿を確認できたのは、肉眼の5万倍の光を集める荒木望遠鏡の威力なのですが・・・本日いらしたお客様には、晴れた夜にも是非もう一度いらしていただきたいです。人気の土星は、これからが観望シーズンです。

また、21時を過ぎてから、晴れてきたので月を見たいと戻って来られたお客様がいらしゃった、と後で伺いました。ご希望に沿えず、申し訳ございませんでした。本学には観測天文学や観測装置開発の研究をする学生がたくさんおりまして、週末も終日、荒木望遠鏡を誰がどのように使うか、21時から朝まで予定がびっしり埋まっているため、時間を延長することができないのです。どうぞご理解いただければ幸いです。

来週こそ、すっきりと晴れた夜になり、次々と天体を観望できることを祈っております。

 

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed