エントリー

一般公開

4月2日(土)一般公開

こんにちは、研究員の中道です。新年度になりました。学内の桜はおよそ七分咲きになっています。

本日は入学式も行われていて、キャンパス内が華やかです。新しい学校や新しい職場で新たな一歩を踏み出された皆様、おめでとうございます!

現在、神山天文台は、入学式特別開館の施設見学を行っております。昼間に桜のキャンパスを散策されたい方も、どうぞご来館ください。

夜間は19時から21時まで(入館は20時30分まで)、晴れたら天体観望会、曇天の場合は3D上映と施設見学を行います。今はまだ曇っておりますが、天候が回復することを祈っております。

4月は、木星が観望シーズンを迎えています。先週は快晴でしたので、木星と4個のガリレオ衛星がよく見えました。この他に、赤色巨星ベテルギウス(オリオン座)、オリオン大星雲とトラぺジウム(4個の赤ちゃん星)、二重星カストル(ふたご座)、散開星団M37(ぎょしゃ座)、球状星団M3(りょうけん座)、惑星状星雲NGC2392 エスキモー星雲(ふたご座)などを荒木望遠鏡(口径130cm反射望遠用)で観望しました。

玄関前の小型望遠鏡は、神山天文台サポートチームの学生達に完全に任せています。主に1,2回生達が木星や二重星などをいろいろと導入し、地下の3D映像は1回生達が交代で上映してくれました。若い感性のフレッシュな解説は、お笑い系、真面目系、ギリシャ神話の星座物語系、と学生の個性によっていろいろなバリエーションをお楽しみいただけます。

なお、夜間の天体観望会では冷え込みますので、暖かい服装でお越しくださいませ。

4月と5月は、全ての土曜日に一般公開を行う予定です。

本日から配布する新しい星空案内チラシには、新連載「よくある質問」と、天体観望会で月が観望できる日とその形を図示したカレンダーや4コマ漫画も始めました。

皆様のご来館をお待ちしております。

10月31日(土)学園祭です

 こんにちは、研究員の中道です。

 昨日から明日11月1日(日)まで、京都産業大学では学園祭「第50回 神山祭」が行われています。

 夜の天体観望会はありませんが(次回の天体観望会は来週11月7日(土)です)、ご都合のつく方は、明日の昼間に神山天文台へお越しいただき、サポートチームの学生による解説をお楽しみくださいませ。

 神山天文台では 11時から16時まで、神山天文台サポートチームの学生たちが「僕らの心に一番星がRising」 というキャッチフレーズで、天文台の公開を行っています。 玄関前に太陽望遠鏡を出し、太陽から流れ出るガスや黒点を観察してもらったり、学生が3D映像&生解説上映をしたり、ドーム内で荒木望遠鏡の解説をするなど、施設見学も工夫して頑張っています。

 台内のかわいらしい飾り付けにもご注目ください。今週は毎日、夜遅くまで学生がワイワイ集まって星座の飾り付けをしたり、たくさんの準備をしていましたし、数えきれないほど、3D上映の練習も重ねてきました。1回生も、ずいぶん上手に喋ることができるようになってきましたよ♪

# 学生の自主的で楽しそうな活動を見ていると、学園祭っていいなぁと思います。

 

 また、11月3日から神山天文台にて開催予定の大西 浩次さんの星景写真展の写真パネルの8割は、既に学園祭の期間中から展示を開始しております。 天文台地下ホールにて、迫力ある素晴しい星景写真も、どうぞご覧ください。

 皆様のご来台をお待ちしております。

 

 

 

 

 

5月2日(土)一般公開のご案内

こんにちは、研究員の中道です。五月晴れの気持ちの良い日ですね。

口径1.3mの荒木望遠鏡は完全に復帰しておりますので、今晩もたくさんの天体を観望する予定です。先週はすいていたので、約15天体も観望できましたよ。例年、ゴールデンウイークの前後はお天気が良いのに何故かすいていますので、穴場だと思います。

夕方の空がすっきりしていれば、玄関前の小型望遠鏡で水星を見られるかもしれません。水星を見られるチャンスは年に数回しかありませんので、見えることを祈っています。ロビーでは、小型望遠鏡を操る学生さん達がもう集まり、熱心に予習しています。なお、水星はすぐ沈みますので、早い時間帯にお越しください。

水星の近くには金星、また南に高い場所には木星と、明るい惑星たちの饗宴をお楽しみいただけます。金星の欠け具合や、木星の縞模様と衛星たちも見逃せません。

もうすぐ満月になる大きな月がまぶしすぎないように、荒木望遠鏡で月を見る時は、ムーン・フィルターをつけて観望します。

天体観望会は19時から21時までです。20時30分までにご入場いただければ、観望できます。

皆様のご来館をお待ちしております。

4月25日(土)一般公開のご案内

こんにちは、研究員の中道です。爽やかで、いいお天気ですね♪ きっと、今晩はきれいに晴れてくれることでしょう。私も心がはずみます。

世間ではGWが始まった人もいらっしゃるようですが、神山天文台は本日も、GW中の5月2日も、その次の5月9日も毎週土曜日に一般公開を行っておりますので、ゆっくり天体を眺める休日はいかがでしょうか?

本日は19時から天体観望会を始めます。20時30分までに入館された方は望遠鏡を覗いていただけます。(万一、曇った場合は、宇宙の立体映像を用いた生解説がございます。)

本日の月は、とても見易い位置に出ています。満ち欠けをしている金星と、形を比べてみてくださいね。なお、金星は沈んでいきますので、19時台のなるべく早い時間帯からお越しくださいませ。

木星と、木星の周りを回る衛星たちも見頃です。他にも、二重星や星団など、すいていれば多くの天体をご覧いただけます。口径1.3m荒木望遠鏡は調整作業を続けてきましたので、本日こそは、天体が視野の中央に見えるはずです。

2回生の若い学生さんたちも天体解説デビューしておりますので、玄関前の小型望遠鏡などで、フレッシュな解説もお楽しみください。皆様のご来館をお待ちしております。

4月18日(土)一般公開のご案内

こんにちは、研究員の中道です。

大変長らくお待たせしました、口径1.3m荒木望遠鏡が復帰しました!!!

(とはいえ実はまだ調整中でして、今晩は視野の中央に天体が入らないかもしれません。

もし、視野の端の方を見ていただくことになりましたら、どうかご了承くださいませ。

私もこのブログを書き終えた直後から19時の観望会直前まで、調整を頑張ります。)

本日は、半月がちょっとふくらんだような形の金星、くっきりとした縞模様の木星など、

見どころが満載です。惑星は明るいので、まだ夕方の空が明るくても大丈夫です。

学生さんたちも玄関前の小型望遠鏡で、ういういしい解説をしてくれる予定です。

皆様のご来館をお待ちしております。

 

 

4月11日(土)一般公開のご案内

こんばんは、研究員の中道です。

昼間は曇っていましたが、予報通り、さーっと雲が引きました!久しぶりの嬉しい晴天です。

今、学生さんたちが玄関前で小型望遠鏡を惑星へ向ける準備を進めています。

本日は明るい惑星たちの姿: 金星の満ち欠け、木星の縞模様と衛星たちを

小型望遠鏡でお楽しみいただけます。

すいていれば、他にもいろいろな天体をご覧いただけます。天体スタンプラリーで一気に景品をGetできるかもしれません。

光る星座早見盤も準備しておりますので、春の星座解説もお楽しみください。

余談ですが、神山天文台の玄関前は、桜がきれいですよ。星と桜を同時に見られる、眺めの良いキャンパスです♪

皆様のご来館をお待ちしております。

※ 少し肌寒いので、暖かい服装でお越しください。

4月4日(土)皆既月食説明会と観望会のご案内

こんにちは、研究員の中道です。

微妙な曇り空ですが、観望会も実施予定で準備をしております!

17時30分からの皆既月食説明会では、月食のしくみだけでなく、観察のポイントや、月の不思議などもお話する予定です。説明会のみ参加され、観察はご自宅でという方もどうぞご参加ください。

このまま雨が降らなければ、整理券(先着50名様)をお持ちの方は、20時30分から屋上へ昇っていただけます。屋上は眺めが良く、気持ちがよいですよ♪ 学内の桜も満開です。

お手伝いの学生さんも、フルメンバーが揃います。神山天文台サポートチームは、玄関前で小型望遠鏡をご用意します。雲が薄ければ、今の時期は金星、木星もご覧いただける予定です。

もし、雲が厚すぎてよく見えない場合は、説明会を夜にもう1回実施しようと考えておりますし、3D上映の予定もございます。

好天を祈りつつ、皆様のご来館をお待ちしております。

12月20日(土)一般公開のご案内

こんばんは。
神山天文台 事務室です。

2014年も残すところあと10日余りとなりました。
天文イベントの多い年でもあり、あっという間の1年間
だったように思います。

本日は、今年最後の一般公開となりますが
あいにくのお天気のなってしまいました。。。
残念ではありますが観望会のほうは中止とさせていただき、かわりに
3D映像上映会「宇宙の旅」の実施いたいと思います。

上映は、

・18:15~
・19:00~

の2回の上映を予定しています。

冬季休館明けの一般公開の予定につきましては3月21日(土)から
となっておりますので来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは!皆様のご来館をお待ちしております。

12月13日(土)一般公開のご案内

こんにちは。
神山天文台 事務室です。

寒い日が続いています。
先ほど空の様子をうかがってみたときは雪までちらついていました。
天体観望には冷えて空気の澄んだ環境のほうが良いのですが
それでもやっぱり寒いのはつらいです。。。


さて、今日の一般公開についてですが、
お天気がすっきりしない状況ですのでいまの時点でなかなか判断できませんが
このまま雪が降ってこければ、観望会は実施できるかと思います。
観望会が可能な場合は、明るい二重星や赤色巨星、また今日は月がでて
いませんので海王星や天王星、散開星団などの淡い天体を見ていただく
ことができると思います。
(冒頭ではああやって言いましたが、寒いぶん、いつもより
綺麗な天体がみれるので感動もひとしおです!)


また、来週12月20日にはクリスマス特別企画「はやぶさ2 特別講演会」を開催いたします!
講演会では神山天文台台長の河北秀世先生、はやぶさ2の開発に関わった池田優二先生が
はやぶさ2の研究の目的や実際の開発の裏話を聞くことのできるまたとない機会ですので
ぜひぜひ足をお運びください。
※詳しくは神山天文台ホームページ イベントのご案内 をご覧ください。

夜間は冷え込みますので天文台に来られる際は温かい服装、防寒対策をしてお越しください。

それでは、皆様のご来館をお待ちしております。

12月6日(土)一般公開のご案内

こんばんは、研究員の中道です。ものすごく寒いですね。。。

曇天ですが、時々 晴れ間があるようですので、

(たまにしか見えないかもしれませんが)

晴れ間を狙って天体観望会を実施する予定です。

雲が無ければ、海王星、天王星、ペルセウス座の散開星団 h-χ、

二重星 アルビレオ(はくちょう座)、アルマク(アンドロメダ座)、北極星、

赤色巨星 ガーネット・スター(ケフェウス座)など、比較的明るい天体を

観望することになると思います。

寒い中でゆっくり星を眺めるために、真冬のスキー場のような厚着がお勧めです。

ちなみに私はダウンジャケット、帽子、マフラー、手袋とフル装備です♪

曇ってしまったら、宇宙の3D映像を用いた生解説を行います。

大きなクリスマスツリーと共に、皆様のご来館をお待ちしております。

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed