エントリー

事務室からのお知らせ

天文学講座 第4回

こんにちは!神山天文台 事務室です。


先日の日食はあいにくの雨で見ることができませんでしたね。
北海道の方では何とか見れたようで、ニュースに写真があがっていました。
次回日本で見ることのできる日食は2019年だそうなので、気長に待ちましょう・・・。

さて、世間は春休みですが、神山天文台では
26日に岡山理科大学の加藤先生をお招きして天文学講座 第4回を開催します。

1

加藤先生は岡山理科大学の教授として赴任される前、大阪市立科学館にて館長をされていました。
春休み期間という事もあり、大人だけでなく子どもの皆さんにも聞いていただけるよう
小学生以上の方を対象として、太陽や星が光る理由や遠く離れた太陽や星の温度をどうすれば
測ることができるのかなど、わかりやすくお話して頂く予定です。

講座終了後は講師や研究者と気軽に話せるアストロノミー・カフェも開催予定です。
ぜひこの機会に、普段疑問に思っていることや聞きたいことを研究者の方にお話してみてくださいね。

また、夜は天体観望会も開催いたします。
講座で聞いた話を思い出しながら眺める星は、いつもとは違うかもしれませんよ。


今年度の講座はこちらで最後となりますので、みなさま奮ってご参加ください。
申込不要、入場無料です。


******************************

天文学講座第4回「星が光るのはなぜ?」

日時 2016年3月26日(土)15:00~16:30(受付14:30~)
講師 加藤 賢一 氏(岡山理科大学 教授/元 大阪市立科学館 館長)
詳細は神山天文台ホームページをご覧ください。
https://www.kyoto-su.ac.jp/events/20160326_859_kouza.html


気温が上がり、スギ花粉の飛散もピークがやってきました。
季節の変わり目、風邪をひかないようにどうぞお気を付け下さい。
皆さまのご来場をお待ちしております。

部分日食

こんにちは!神山天文台 事務室です。
テレビなどのメディアでも少し取り上げられていましたが、3月9日は部分日食が日本全国で見られますね!
今回、朝10時から昼12時ごろにかけてみられるこの現象ですが、日本から日食が見られるのは2012年以来約4年ぶりなんですよ!(2012年には金環日食が見られました)

★日食とは?
日食とは、太陽と月と地球がほぼ一直線上に並んだ時に起こる、地球から見て月が太陽の前を通り、太陽の一部・または全部を隠してしまう現象です。

今回、地球全体でみれば皆既日食(月が太陽をすべて隠してしまう)ですが、日本からは部分日食(月が太陽を一部だけ隠す)を見ることができます。
(日食のタイプなど、詳しくはAstroArsホームページに詳しく載っています↓)

http://www2.astroarts.co.jp/special/20160309solar_eclipse/index-j.shtml#about

今回インドネシアやグアム・サイパン周辺では皆既日食を楽しむことができるようですね。
日本からも気軽に行ける範囲なので、皆既日食観察のために旅行に向かう人もいるのではないでしょうか・・・!

日食を観察しよう、と思っている皆さま、日食を観察するときは、十分に注意してください。
太陽ですので、肉眼で欠けている様子を見ることはできません!目にも大きなダメージを負いますので、日食観察用めがねや専用の減光フィルターなど、道具を正しく使用して日食を見てくださいね。

神山天文台でも、9日は太陽観察メガネを用意しておく予定です(少量ですが)。
日食で欠ける大きさは今回そんなに大きくないそうなので、はっきりと欠けた!と見えるかはわかりませんが
日本で見えるのは数年に1度程度しかない貴重な機会なので、ぜひ観察してみてください♪


★卒業式特別開館のお知らせ★
3月19日(土)、20日(日)は本学の卒業式の為、神山天文台は特別開館致します。
土曜日の夜間には天体観望会も開催いたしますので、皆様ぜひご来場ください。
開館時間
2016年3月19日(土)10:00-21:00(天体観望会19:00-21:00)
2016年3月20日(日)10:00-16:00

岩倉図書館

こんにちは!神山天文台 事務室です。
すっかり暖かい陽気になり、花粉も飛び(嫌ですが・・・)
春が着々と近づいているなぁと感じますね。

さて、先月に行われました岩倉図書館と神山天文台サポートチームのコラボレーションイベントの様子が届きましたので、お伝えします。

岩倉図書館さんとのコラボイベントも今回で4回目。
今回は小型望遠鏡での観望会をはじめとして星座早見盤の使い方教室やMitaka上映、
紙芝居など盛りだくさんの内容でした!

 1

2

星座早見盤の説明や、紙芝居を熱心に聞くこどもたち。


3


天気も心配していましたが、無事外に小型望遠鏡を出すことができ
冬の夜空を来場者のみなさんに楽しんで頂くことができました。


春休み期間中もサポートチームの学生は次の企画に向け動き出しています。
春の新歓シーズン、新入生がたくさん仲間になってくれたら嬉しいですね。

★卒業式特別開館のおしらせ★
3月19日(土)、20日(日)は本学の卒業式の為、神山天文台は特別開館致します。
土曜日の夜間には天体観望会も開催いたしますので、皆様ぜひご来場ください。
開館時間
2016年3月19日(土)10:00-21:00(天体観望会19:00-21:00)
2016年3月20日(日)10:00-16:00

暖かくなってきたとはいえ、夜はまだまだ寒いです。
天体観望会に参加される際は、防寒対策をしっかりとして来てくださいね。
皆さまのご来場、お待ちしております。

荒木望遠鏡と観測装置

こんにちは!神山天文台 事務室です。

テスト期間・追試期間が終わり、春休みに突入した学生たち。キャンパスはすっかり静かになりました。

学生は休みでも、神山天文台は開館しております。
平日は施設見学をしていただけますので、ぜひお越しくださいね。
(集中観測期間及び荒木望遠鏡メンテナンスのため、毎週土曜日の天体観望会は3月中旬までお休みしております。また皆様と天体観望会を楽しめるようしっかりメンテナンスして頂きますので、もう少しお待ちください♪)


さて、荒木望遠鏡を見学した方は、
望遠鏡にたくさん機器がついていることに気が付きましたでしょうか。

1


これらはすべて、研究に使用する観測装置です。

「天文学の研究」や「天体観測」と聞くと、望遠鏡で天体を見ながら・・・のようにロマンチックなイメージを持たれる方も多いと思いますが、


2


望遠鏡は多くの天体の光を集めるための道具であり、望遠鏡で集めた天体の光を観測装置で分析していく事により、宇宙の謎や天体の正体に迫る事ができるのです。

荒木望遠鏡での観測研究はこのように↓


3

 
ドーム内ではなく、その隣にある「望遠鏡制御室」にてモニタとにらめっこです。
皆さんの想像される「観測風景」とは違うかもしれませんね。

※一般の方向けに行っている天体観望会では、ドーム内で荒木望遠鏡の接眼部から天体を観望できます!


4


ちなみに観測で得られるデータは天体写真のような形だけではなく、
スペクトルでも表されます。(下図は一例です)

5


望遠鏡で集めた天体の光を分析するための観測装置も、神山天文台の研究員をはじめ本学学生、学外の研究者などが一体となって、独自に開発しているんですよ。

6

6

 

研究室や測定室、望遠鏡制御室はスタッフ以外立入禁止のため、一般の方の見学はできないのですが
望遠鏡制御室はドームに向かう廊下からガラス越しに少しだけ見ることができます。

荒木望遠鏡に取り付けられている装置の紹介も、近いうちにブログにてできたらと思っています。

皆さま楽しみにお待ちください!

 

★冬の天体観望会についてのお知らせ★
1月~3月中旬の土曜日は集中観測期間および荒木望遠鏡のメンテナンスの為、
土曜日の施設見学、天体観望会は実施致しません。
どうぞご了承ください。
次回の天体観望会は3月19日(土)です。
皆さまのご来場、お待ちしております。

科博連サイエンスフェスティバル2016

こんにちは、神山天文台 事務室です。
寒さが厳しい季節から、少しづつ暖かくなるかな・・・?と思いきや
今週末は一気に4月並まで暖かくなるそうですね。(その後また下がるみたいですが)

テストも終盤に入り、学内の様々なところでテスト最後の追い込み勉強に励む
学生さんを見かけます。

さて、毎年開催されている科博連サイエンスフェスティバル。
今年も先週末に開催されまして、神山天文台サポートチームがブースを出展しました!
★ちなみに昨年度の科博連の様子はこちら→
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/312

今年度は過去最高となる2000人以上の来場者(科博連全体で)となり,サポートチームのブースも大盛況のうちに無事終えることができました。

昨年は荒木望遠鏡ペーパークラフト製作教室を開催しましたが
今年はなんと!学生が自らの手で企画、設計、製作した
星座早見盤キットを使用した、手作り星座早見盤製作教室を開きました!

1

2


今回製作したオリジナル手作り早見盤キット、
片面は通常の星座早見盤、もう片方は自分で好きな星と星を結んでオリジナルの星座をつくる自分だけの星座早見盤になっています。
3


みなさん、思い思いの星空を楽しそうに作っていましたよ♪
その日の夜はお家で早見盤を手に星空を眺めた子もきっとたくさんいたことでしょう。

その他、科博連に向けて作成したオリジナルぬりえなどもあり、様々な年代のお子様に楽しんで頂けました。

お越し頂いたみなさま、ありがとうございました。

4


また、来週頭の2月15日には岩倉図書館さんとのコラボレーション企画
地域交流イベントin岩倉図書館 が開催されます。
ここでも星座早見盤の使い方教室(お配りした星座早見盤はお持ち帰りできます!)や、小型望遠鏡を使用した天体観望会(晴天時のみ。雨天時は星空の上映会を開催)を企画しております。★内容はあくまで予定です。


科博連には予定が合わず行けなかった…という方はぜひ、こちらのイベントにお越しください!

*地域交流イベントin岩倉図書館
日時:2016年2月15日(月)17:30~18:30
会場:岩倉図書館
(アクセスはhttp://www2.kyotocitylib.jp/?page_id=201
費用:無料(予約不要)

 

★冬の天体観望会についてのお知らせ★
1月~3月中旬の土曜日は集中観測期間および荒木望遠鏡のメンテナンスの為、
土曜日の施設見学、天体観望会は実施致しません。
どうぞご了承ください。
次回の天体観望会は3月19日(土)です。
皆さまのご来場、お待ちしております。

写真展第2弾 開催

こんにちは、神山天文台 事務室です。

2月に突入し、そろそろ花粉症の方はつらい季節がやってくるのではないでしょうか。
(このブログを書いている職員もスギ花粉に弱いため、戦々恐々としております・・・)

さて、1月末まで開催しておりました大西 浩次先生による星景写真展ですが、
好評につき、続いて第2弾の開催が決定し、展示が始まっております!

第2弾の写真展は「天空の樹」。
 1

大西先生の作品をいくつかご覧になられたことのある方は分かるかもしれませんが
先生の作品ではよく「樹」が登場します。
今回の展示ではさまざまな「樹」と星空の組み合わせが美しい作品をお楽しみ頂けます。

学生はテスト期間・春休み期間中での開催になりますが、
テスト終わりの学生がちらほらと展示を見に来てくれています。
テスト中の息抜きに少しだけ、でもOKですし、もちろん一般の方も自由にご覧いただけます!

「天空の樹」は3月20日(日)まで開催の予定です。
3月19日、20日は本学の卒業式でもあります。また、19日には久しぶりの
天体観望会の開催も予定しておりますので
学生生活最後の思い出として、写真展と観望会を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

今年はインフルエンザのピークが遅く、今がピークなようです。
うがい手洗い、ウイルスに気をつけて、元気な冬をお過ごしください。

★冬の天体観望会についてのお知らせ★
1月~3月中旬の土曜日は集中観測期間および荒木望遠鏡のメンテナンスの為、
土曜日の施設見学、天体観望会は実施致しません。
どうぞご了承ください。
次回の天体観望会は3月19日(土)です。
皆さまのご来場、お待ちしております。

 

天文台あれこれ

こんにちは、神山天文台です。
今日はすごい雪ですね。この冬入ってはじめての積雪で、神山天文台前も一面雪景色です。

3

朝からせっせと掃除のおじさんが道をあけてくれました。ありがたいですね。

空き時間らしき学生さんが大きな雪だるまを作っていたり(それくらい積もっているという事なんですが・・・)雪合戦が始まったりと
寒空の中楽しそうに、元気に動き回る姿に若さを感じます・・・。

 

--------------------------------------------------
最近、閲覧図書コーナーに本が増えました★

1

 

「宙ガールバイブル」には神山天文台も載っています♪


2

「現代天文学史」は台長や研究員の先生がたのお勧めで購入いたしました!
本学創設者で天文学者でもあった荒木 俊馬先生についても載っている部分もあり、非常に読みやすく読み応えのある一冊です。

1月より集中観測期間及び荒木望遠鏡のメンテナンスのため、土曜日の天体観望会はお休みしておりますが、変わらず神山天文台では学生や研究者の方々が日夜研究活動に励んでいます。
サポートチームの学生もテスト前で忙しい時期の間をぬって、次のイベントの準備を進めています。
そんな神山天文台の様子を、2016年も変わらず伝えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。


★冬の天体観望会についてのお知らせ★
1月~3月中旬の土曜日は集中観測期間および荒木望遠鏡のメンテナンスの為、
土曜日の施設見学、天体観望会は実施致しません。
どうぞご了承ください。
次回の天体観望会は3月19日(土)です。
皆さまのご来場、お待ちしております。

迎春2016

新年あけましておめでとうございます。

神山天文台 事務室です。

1

みなさまどのような年末年始を過ごされましたでしょうか?

(このブログを更新している職員は、年末から年始にかけて胃腸炎にかかり、思わぬ寝正月となってしまいました・・・皆様もどうぞお気を付け下さいね)

 

本年も神山天文台は研究活動、教育、アウトリーチ活動と実りある一年になるよう、精進してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

★冬季の天体観望会について★

1月~3月中旬は集中観測期間、また荒木望遠鏡のメンテナンスの為

土曜日の天体観望会はお休みとさせていただきます。

土曜日昼間の施設見学もございませんのでどうぞご了承ください。

次回の天体観望会は3月19日(土)19:00~21:00です。

少し日が空きますが、皆様とお会いできること、楽しみにお待ちしております。

クリスマス特別講演会

こんにちは!神山天文台 事務室です。

前回のブログでも少し触れておりましたが(http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/339)、
先週末、油井宇宙飛行士が無事に地球に帰ってきましたね!

帰還日時が日本時間の夜ではありましたが、インターネットでは中継も行われ
全国の方が油井さん帰還の様子を見守っていたのではないかなと思います。
★油井さん帰還の様子や、油井さんが宇宙で行ったミッションについては
JAXAホームページ、JAXAファンサイト等でご覧いただけます(http://iss.jaxa.jp/iss/jaxa_exp/yui/)(http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/6520.html)!

インターネットで気軽に宇宙飛行士の帰還を、それもリアルタイムで見ることができるなんて、本当にすごい時代になりましたね。

--------------------------------------

さて、現在神山天文台では
写真展「悠久の時空(とき)」が開催されております。

2


写真展開催から2か月あまり、沢山の方にお越し頂いております。
ありがとうございます。

今週末の12月19日(土)には、写真展の撮影者である大西氏を講師に迎え、「星空の多くの地球たちへ」というタイトルで、系外惑星についてご講演いただきます。
講演内では展示中の星景写真を巡りながらのギャラリー・トークも予定されていますので、系外惑星について興味のある方はもちろん、星景写真の撮影者から直々に作品の解説を聞きたい!という方も奮ってご参加ください。

 

*クリスマス特別講演会「星空の多くの地球たちへ」

日時:12月19日(土)14:30~16:30(受付14:00~)

会場:京都産業大学 神山天文台地下1階 サギタリウスホール

講師:大西 浩次 氏(国立長野工業高等専門学校 教授/星景写真家)

申込:不要、入場無料

その他:夜間には天体観望会も実施致します(18:00~20:00)。

 

写真展の方も年明けに作品の入れ替えを予定しております。

今飾られている作品たちは今年までとなりますので、ぜひ今年中に神山天文台にお越しください♪

★天体観望会のおしらせ★
次回の天体観望会開催日は12月19日(土)です。
また、12月26日(土)は今年最後の天体観望会開催日です。
1月~3月中旬までは冬季期間のため、天体観望会はお休みさせて頂きます。
12月26日を逃すと次は2016年3月19日(土)まで天体観望会は開催されませんので
皆さまこの機会にぜひご来場ください!

 

油井宇宙飛行士と話そう! 開催

こんにちは、神山天文台事務室です。
12月に入りやっと寒さが厳しくなってきたなー、と思ったらまた暖かい冬に逆戻り。不思議な天気ですね。

さて、12月1日に遥か宇宙のISSに滞在中の油井 亀美也・JAXA宇宙飛行士とリアルタイム交信するイベント「宇宙の油井飛行士と話そう」が神山ホールにて開催されました。

1


7月のソユーズ打ち上げの様子やISSへドッキング後のハッチオープンの中継を、ワクワクしながら見ていた方も多いのではないでしょうか?

イベント内では神山天文台 河北台長もトークセッションに登場し、宇宙・天文に関する“ものづくり”や技術開発などのお話をされました。

 2

3


イベント後半、リアルタイムで油井宇宙飛行士に質問をする時間があり、
事前に抽選で選ばれた皆さんが思い思いの疑問を油井さんに質問しました。
その中で、天文台サポートチームのメンバーでもある理学部の学生が本学の代表として
油井さんに「無重力空間でも重さを感じることはあるのか」と質問をする場面もありました。

油井さんは実際に物体を動かしながら、わかりやすく質問に答えてくださいましたよ♪
(ちなみに重さは感じないそうですが、同じ力を加えた場合に移動するスピードが違うので、質量は感じることができるそうです)

 4

5

遥か宇宙の彼方にいる油井さんと、リアルタイムで言葉が交わされている様子を見て、なんだか不思議な気分になった夜でした。
将来もし気軽に宇宙へ向かう事の出来る時代が来たら、そんな光景が当たり前になるのかもしれませんね。

油井宇宙飛行士は12月11日に地球に帰還する予定です。日本時間では夜の時間帯になるようですが、帰還の様子もライブ中継されるようですので、(詳細はJAXAホームページ【http://www.jaxa.jp/index_j.html】をご覧ください。)みなさんお楽しみに!


★12月の天体観望会のお知らせ★
開催日:12月12日、19日、26日
18:00~20:00(受付は19:30まで)

19日は14:30からクリスマス特別講演会も予定しております。
現在開催中の星景写真展の撮影者である大西先生を講師にお招きし、写真展のギャラリー・トークも交えながら系外惑星について講演頂く予定です。ぜひご参加ください☆

※12月29日~1月6日は年末年始のため、休館とさせていただきます。
どうぞご了承ください。

次回の天体観望会は12月12日(土)です。
12月に入り、寒さは厳しさを増す一方です。
夜はさらにぐっと冷えますので、暖かい格好をしてご来場くださいね。

 

 

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed