エントリー

事務室からのお知らせ

天文学講座 第2回

こんにちは!神山天文台 事務室です。
台風が過ぎ、一気に気温が低くなりましたね。
朝方や夜は寒いくらいです。。
昨日から大学では秋学期が始まり、キャンパス内に
学生の賑やかな声が戻ってまいりました。

さて、年数回開催しております「天文学講座」ですが、この度
第2回の開催が決定いたしました。

1

学内の研究者や時には学外の研究者をお招きし、天文学の最前線について講演頂いている天文学講座。
今回は京都大学大学院理学研究科の准教授である野上先生をお招きして、太陽フレアと恒星スーパーフレアについてお話していただきます!

講演後には講師や研究員とお茶を飲みながら気軽に話や質問ができる時間(アストロノミー・カフェ)も予定しております。普段疑問に思っていることや、講座を受けての質問などを直接研究者にできる絶好の機会となっております!ぜひご参加ください。

天文学講座 第2回「太陽フレアと恒星スーパーフレア」
日時:10月8日(土)14:30~16:00(受付14:00~)
場所:神山天文台地下1階 サギタリウスホール
講師:野上 大作 氏(京都大学大学院理学研究科 准教授)
★講座終了後、アストロノミー・カフェを開催いたします(16:00~17:30)。
★夜間には通常通り天体観望会も実施致します(18:00~20:00)。

詳しくは神山天文台ホームページをご覧ください↓

http://www.kyoto-su.ac.jp/events/20161008_859_kouza.html

10月から天体観望会の時間が1時間早くなりますのでお気をつけください!

 

2

中秋の名月も過ぎましたが、天文台ロビーの受付にあるほしみ~るちゃんは
今月いっぱいまでお月見仕様になっております。
ぜひ会いに来てくださいね☆

お月見

こんにちは!神山天文台 事務室です。
もうすぐ中秋の名月(お月見)ですね。

1

お月見と言えば、ススキにお月見団子・・・ですが、
お月見はなぜこの時期に行われるのかご存知ですか?

お月見はその昔、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事でした。
そのルーツは、中国にあったサトイモの収穫祭として月見の日にサトイモを食べるという習わしがその後日本に伝えられたという説や、夏の収穫がひと段落し、次の収穫(稲刈り)をするまでの時期に、豊作を祈る祭りを行ったことから始まった説など、諸説ありますが正確なことは分かっていないそうです。

昔の旧暦にあたる日は毎年違っており、今年は9月15日が旧暦の8月15日にあたります。
なぜ毎年違うのかというと、今と昔の暦の数え方の違いからです。
旧暦では月の満ち欠けを基準にして日付が決められていました↓が、
2


現在の暦は地球が太陽の周りをまわる周期を基準に決められています。


3


この違いにより、旧暦と新暦では少しずつ日付のズレが生じるので
お月見の日は毎年変わるのですね。

旧暦の今日は今の暦の何日にあたるのか・・・?知りたくなった方は
インターネットで 旧暦カレンダー 等と検索すれば、旧暦と新暦を載せたページが
出てきますので、ぜひ見てみてくださいね★

※中秋の名月は9/15ですが、神山天文台では天体観望会は開催いたしません。
次回の天体観望会は9/17(土)です。月の位置等の関係上、この日の観望会で月を観望することはできません。どうぞご了承ください。

---------------------------------------

★9月の天体観望会のおしらせ★
開催日
17日、24日(いずれも土曜日)
時間
19:00~21:00(受付18:30~20:30)
夜は風が涼しくなってきました。
天体観望会に参加される際は、羽織りものを1枚持って来ておくことをお勧めします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

合宿

こんにちは!神山天文台です。
先日、神山天文台サポートチームが夏季合宿を行いました!
今回は兵庫県にある西はりま天文台にて行われました。
 1


西はりま天文台は兵庫県の佐用町、大撫山にあります。広大な敷地には芝生が広がり、
なゆた望遠鏡をはじめとした様々な望遠鏡が設置されています。
宿泊施設も備えられており、まさに合宿を行うにはうってつけの場所です!

日中は神山天文台長の河北教授と、中道研究員による講義を受けたり、

2

 

小型望遠鏡の組み立て実習や、太陽望遠鏡を用いた太陽の観測会を行いました。


3

 

 5


また、西はりま天文台の方の協力の下、講義を行って頂きました。

さらに夜間にはなゆた望遠鏡による観測の見学を行ったり

 6


天文台周辺にて小型望遠鏡での天体観望を行いました。

 7

 8

 
天気も良く、天の川も綺麗に見えたそうです♪

最終日にはレクリエーションも行われ、下級生と上回生の仲もより一層深くなったようです。
充実した2泊3日の合宿になりました。お世話になった西はりま天文台の方々、ありがとうございました!


 9

夏の終わり

こんにちは!神山天文台です。
本学の一斉休業期間も終わり、気づけば9月に突入してしまいました。
世間でも夏休みが終わり、通勤途中に児童生徒のみなさんが登校している姿を見かけるようになりました。

さて、8月20日に開催されました神山天文台サポートチームと岩倉図書館さんの合同企画
発見!宇宙のふしぎ について、写真が届きましたのでお伝えします!

お天気を心配していましたが、幸いにも
天候に恵まれ、晴れのプログラムで実施することができました。

1


傘袋でロケットを作ります。
まずは思い思いのイラストを傘袋に書くところから。

2


ロケットの絵を描く子も。
どこまでも飛んでいきそうですね!

膨らませて、重りのテープを付ければ完成!
さっそく外に出て飛ばします。

3

かなりの距離を飛ばす子供もおり、盛り上がっておりました!

 

4

室内ではロケットについてのお話もありましたよ。
一方こちらではMitakaの上映会です。


5

 

宇宙の世界に子供たちも引き込まれていました♪

外ではもう一つ、シャボン玉のふしぎについても学ぶ企画がありました!

6

 

7


クイズ形式で子供たちに考えてもらいつつ、時に実演も挟みつつ
シャボン玉のふしぎについて子供たちに説明。
最後はみんなでシャボン玉を飛ばしました。

8


円だけでなく、星型などの形の針金も用意して
どんな形のシャボン玉ができるかも試していましたよ♪

子どもたちにとって良い夏の思い出になったでしょうか。
サポートチームにとっても、良い経験になったと思います。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!


---------------------------------------

★9月の天体観望会のおしらせ★
開催日
9月3日、10日、17日、24日(いずれも土曜日)
時間
19:00~21:00(受付18:30~20:30)
日中は変わらず暑いですが、夜は風が涼しくなってきました。
天体観望会に参加される際は、羽織りものを1枚持って来ておくことをお勧めします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

8月のあれこれ/休館日のおしらせ

こんにちは!神山天文台です。
残暑厳しい季節になってきましたね。

8月10日から一斉休業期間に入ったため、天文台も休館していたのですが、
その間、20日には岩倉図書館さんと神山天文台サポートチームとの企画
天体天文教室第5回 発見!宇宙のふしぎ を開催したり(後日また写真付きでお伝えします!)、
同じく20日には本学のオープンキャンパスが開催されたり・・・
夜には天体観望会も開催いたしました。

7月の終わりから夏休み期間中、さらに天候に恵まれたこともあり
毎回100名近い方にお越し頂いております。

夏休みもそろそろ終わりに差し掛かりますね。20日の天体観望会にも、
お子さんがたくさん親御さんと来場されていました。
自由研究に、天体観望会でみた星について調べてまとめるのもいいかもしれませんね!
※8月の27日は残念ながら天体観望会は開催いたしません・・・。


---------------------------------------

★8月の26日から29日は本学の夏季一斉休業期間のため、神山天文台は休館させて頂きます。
そのため、27日(土)の天体観望会も実施致しませんので、ご了承ください。
次回の天体観望会は9月3日(土)になります。
9月からはまた通常通り、毎週土曜日に天体観望会を開催します。
秋以降には、天文学講座第2回の開催も予定しておりますので楽しみにお待ちください。

夏の一斉休業と神山天文台休館のお知らせ

こんにちは、神山天文台事務室です。
本学の定期試験期間もついに終了し、学生たちには待ちに待った夏休みがやってまいりました。

学内も普段と比べて静かで、閑散としています。

お盆の時期、帰省やレジャー等で出かけられる皆様も多いかと思いますが・・・
神山天文台の休館日のお知らせです。

本学の夏季一斉休業期間のため、神山天文台は8/10(水)~19(金)、
また26(金)~29(月)は休館いたします。
8月13日、27日土曜日の天体観望会も開催いたしませんので、どうぞご了承ください。

帰省やレジャーで出かける皆さんが多い時期にお休みしまして申し訳ありませんが、
そのぶんしっかりパワーをためて、20日、そして9月にまた皆さんと天体観望会で元気にお会いできるようにがんばります。

ココロボ

こんにちは!神山天文台 事務室です。

先日、神山天文台にCOCOROBO(ココロボ)がやってきました!

★ココロボとは・・・?
2014年に始まった銀河英雄伝説とニッセンのコラボレーション企画「わが征くは星の通販」のひとつとして誕生した、
会話機能がたのしいシャープ株式会社のロボット家電「COCOROBO」の、ジークフリード・キルヒアイスモデル(限定200台、完全予約生産)

詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.nissen.co.jp/all/event/PL16MI001/?ref=twi_nis_reg

ドーム内の床や、制御室内を綺麗におそうじしてくれましたよ♪

コミュニケーション機能も付いていて、なんとおしゃべりできるんです!


そのときの様子が、ニッセンさんのtwitterに載っています↓

https://twitter.com/nissen/status/761460569132064768


ちなみにこのココロボの予約締切は、本日8/8までだそうですので
興味が湧いた方は是非予約してみてくださいね★

夏の夜空のビックフェス

こんにちは、神山天文台事務室です。
さて、何度かこのブログでも取り上げられました
夏の夜空のビックフェス!!ですが、先日無事開催されました。
(本学ホームページのキャンパスフラッシュにも掲載されています→http://www.kyoto-su.ac.jp/news/20160708_859_bigfes.html)

雨は降ってしまいましたが、
250名を超えるお客様にご来場いただき、盛況に終えることができました!

神山ホールにて行ったMITAKA上映会をはじめ、各所に貼りだされた星座線のつなぎ方をみて七夕の星座をつなぐミニラリー、

1

2

4


さらに、観望会の代わりに荒木望遠鏡の解説が行われたり、

天文遊戯コーナーでは惑星の並び替えやパズル、ぬりえに子供たちは熱中していました。

5

6


また、天文同好会による手作りプラネタリウムは大盛況で、整理券がすぐになくなってしまうほどでした。
(さすがに中の写真は撮れませんでした)

 

天文台に飾っていた七夕飾りにも、140名ほどの方が短冊に願い事を書いて
飾ってくれました。皆さんの願いが叶うと良いですね!


学生たちによる初めての大規模イベント開催という事で、手が回らない点も多々あったと思います。

そんな中でも、多くの皆さまに楽しんで頂けたようでホッとしております。
今回のイベントの良かった点をさらに生かし、反省点は改善して
ぜひ来年もイベントを開催してくれたらと願っております。

ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------

★7、8の天体観望会のごあんない★
7月23日、30日、8月6日、20日
19:00~21:00(受付18:30~)

8月10日~19日、26~29日は夏季一斉休業のため、神山天文台は休館させて頂きます。
8月13日、27日の天体観望会も実施致しませんので、どうぞご了承ください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

★ビックフェス★

こんにちは、神山天文台事務室です。
今年の七夕は良いお天気に恵まれましたね。
天の川がキレイに見えた所もあったのではないでしょうか。

そして、もうひとつ。
大西宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船が、昨日無事に打ち上げられました!
ネットでのライブ中継もありましたし、見ていた方も多いのでしょうね。


大西宇宙飛行士は、約4か月間宇宙に滞在し、様々な任務を行う予定だそうです。
4か月後、また地球で元気に会える日が楽しみですね。

*************

さて、本日はとうとうビックフェス当日です。

1


昨日はリハーサルを行い、当日の動きをチェックしていました。
天気予報はあまり優れない予報を出していますが、果たしてどうなるでしょうか・・・
※雨天の場合でも一部プログラムの内容を変更して実施します!

元気の良い学生さんたちがお待ちしております。
ぜひご来場下さい!

また、明日の17時からは全国同時七夕講演会を開催します。
河北 秀世 神山天文台長による、七夕に関係する星々のお話をぜひ聞きに来てくださいね!
夜には天体観望会も予定しております★

--------------------------------------------------------------------

★7月の天体観望会のごあんない★
7月9日、16日、23日、30日
19:00~21:00(受付18:30~)

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

笹飾り★七夕伝説

こんにちは、神山天文台です。
一昨日、天文台ロビーに笹飾りがやってきました!
(去年の様子はこちら→http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/328)

3

2


早速飾り付けを行いました♪
毎年恒例のおりひめほしみ~るちゃんも健在です!
受付前のほしみ~るちゃんも七夕仕様になりました↓

4

今年はバックに夏の大三角を背負っています★

5


みなさんに書いていただくための短冊を用意しておりますので、みなさん思い思いの願い事を短冊にこめて
笹に飾ってみてくださいね♪


さて、七夕と言えば織姫と彦星の話が有名ですよね。

★七夕伝説の話とは・・・

1


むかしむかし、天の川の西の岸に住む織女という布を織るのが上手な天帝の娘【織姫】と、天の川の東の岸に住む牽牛という牛飼いの青年【彦星】がいました。
天帝は働き者の娘に結婚相手を探してあげようと思い、同じく働き者で天の川の向こう岸に住む牽牛と織女を引き合わせます。
ふたりは一目でお互いを好きになり、めでたく夫婦となります。

しかし、一緒に暮らすようになった二人は朝から晩までおしゃべりばかりで、天帝が「布を織ってはどうか」「牛の世話をしてはどうか」と注意しても、「明日からやります」と聞く耳を持ちません。
織女は布を織らなくなってしまい、天界には新しい布が届かなくなりました。また、牽牛も牛の世話をほったらかして、牛はたいへんやせ細って次々と倒れてしまいました。

ついに怒った天帝は、牽牛を元居た天の川の東の岸に戻し、2人を引き離します。
引き離された2人。悲しさのあまり織女は毎日泣いて暮らし、牽牛も家に閉じこもってしまい牛の世話どころではなくなってしまいました。

かわいそうに思った天帝は、「昔のように一生懸命働くなら、1年に1度だけ天の川を渡って会うのを許そう」と言い、それを聞いた二人は以前のように一生懸命働くようになりました。

今でも2人は天の川の両側で、1年に1度、7月7日に会える日を楽しみに待っているのです。

***************************************

こと座のベガは織姫星、わし座のアルタイルは彦星として有名です。
この星たちを見つけた時にはぜひ、七夕伝説の話を思い出してみてください。

またこの2つの星は、はくちょう座のデネブとあわせて夏の大三角でもおなじみです。
晴れた日の夜に、ぜひ夜空を見上げて夏の大三角を探してみてください!

*******
ちなみに七夕付近は毎年、お天気が優れない事が多いですが、
雨が降ったら、織姫と彦星は会えないのでしょうか?

お話の中では、七夕に雨が降ると天の川の水かさが増して川を渡ることができない、とあります。
しかし、不思議なことにカササギという鳥の群れがどこからかやってきて、天の川に連なって橋となり、二人を引き逢わせてくれるそうですよ。ロマンチックですね。


--------------------------------------------------------------------

★7月の天体観望会のごあんない★
7月9日、16日、23日、30日
19:00~21:00(受付18:30~)

久しぶりの天体観望会、楽しみにお待ちください♪
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed