エントリー

事務室からのお知らせ

スタンプ できました

こんにちは、神山天文台事務室です。
今年から天体観望会の際に記入いただいているアンケートに、あったら嬉しいコンテンツについての設問を設けているのですが、
みなさまの声の中に「記念スタンプ」を希望される声が意外と多く、このたび製作することとなりました!

数ある道の駅スタンプを参考にし、試行錯誤を重ねた結果・・・
完成したのが↓こちら↓

 1

荒木望遠鏡ver.と、ほしみ~るちゃんver.の2種類ご用意しました!
ほしみ~るちゃんの羽の文字もちゃんと読めるほど、細かいところまで綺麗に押せるスタンプです(最近の技術はすごい!)。

本日から天文台ロビーに設置しています。
お気に入りの手帳やノートなどににぜひ押してくださいね♪

★12月の天体観望会のおしらせ★
10日、17日、24日(いずれも土曜日)18:00~20:00(受付は19:30まで)

※31日は本学の冬季休業期間の為、天体観望会は開催いたしません。

最近また場所についてや予約についてのお問い合わせが増えて参りましたので
以前投稿した「よくある質問へのお答え」のページを下記にリンクいたしますね。
大学についてから神山天文台までの行き方も写真付きで紹介しています↓
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/393

寒さもだいぶ厳しくなっております。天体観望会へ参加される際は
防寒対策をしっかりしてきて下さいね。
みなさまのお越しをお待ちしております。

クリスマス

こんにちは、神山天文台です。
なんだか年末感のないまま、12月に突入してしまいました。
あと少しで2016年も終わってしまうのですね。。

 1

さて皆様、今年のクリスマスは連休ですね。
もう予定を立てている方はいらっしゃいますか?

今年は12月24日が土曜日という事もあり、神山天文台ではクリスマス特別講演会を開催いたします!

 2 

中之島科学研究所 研究員で同志社大学の元教授でもある宮島 一彦 先生をお招きし、
奈良県明日香村のキトラ古墳で発見された天文図についてお話頂きます!
また、講演会終了後にはアストロノミー・カフェを、夜間は通常通り天体観望会も開催いたします。

今回はクリスマス特別企画として、来場された方に神山天文台オリジナルクリスマスポストカードを差し上げます♪

 34

  
何種類かご用意してますので、好きなものを選んでくださいね♪

クリスマス特別講演会「古墳天井に星が輝く―キトラ天文図」
講 師:宮島 一彦 氏(前・同志社大学 教授/中之島科学研究所 研究員)
日 時:2016年12月24日(土)14:30~16:00(受付14:00~)
会 場:京都産業大学 神山天文台
その他:詳しくは神山天文台ホームページ(http://www.kyoto-su.ac.jp/events/20161224_859_kouza.html)をご覧ください。


★12月の天体観望会のおしらせ★
10日、17日、24日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)
夜間はかなり冷え込みます。天体観望会へご来場の際は、防寒対策をしっかりとしてお越しください。
毎年恒例のクリスマスツリーも出ておりますよ☆

 6 

みなさまのご来場をお待ちしております。

お引越し

こんにちは!神山天文台事務室です。

神山天文台で研究者や学生たちの手によって開発され、
荒木望遠鏡に装着し観測を行っておりました近赤外線高分散分光器WINERED(ワインレッド)。


 
荒木望遠鏡の青に映える特徴的な赤ワイン色の外観に見覚えのある方も多いのではないですか?

この装置を海外の天文台にある望遠鏡へ装着して観測を行うための準備が長らく行われていたのですが、先日ついに旅立つ日がやってまいりました!

大きな荷物は、荒木望遠鏡の鏡を取り外す際でもおなじみのクレーンを使い、ドーム下へと繋がっているハッチから下ろしていきます。

 2

3

4

装置の中身は一旦解体して小分けにして輸送し、現地で再度組み立てる予定になっています。
外観パーツとともに、大量の段ボールに小分けにされた装置の部品がトラックに積み込まれました。

神山天文台で開発された装置が海を越えて遠い海外の天文台に取り付けられると思うとワクワクしますね!

ちなみに、
輸送先はチリを予定しています。

5

チリのLa Silla天文台は神山天文台よりもずっと標高の高い場所にあり、多数の望遠鏡を擁しています。
その中でも、設置を予定している望遠鏡(New Technology Telescope:NTT)は荒木望遠鏡(1.3m)よりも大きな口径(3.6m)を持っています。

北半球にある日本と比べ、南半球にあるチリだから観測することのできる天体もあり、神山天文台では得ることのできなかった天体のデータや新たな発見が多数得られることが期待されます!

チリまではかなりの長旅ですが(なにせ普通に人間が移動しても、飛行機を乗り継いで1日以上かかる!)
無事に現地まで輸送完了できるよう祈りつつ、作業を見届けました。


★12月の天体観望会のおしらせ★
12月10日、17日、24日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)

【!】冬季休館日&1~3月の天体観望会について【!】
冬季一斉休業期間のため、12月28日(水)~1月5日(木)は神山天文台は休館しております。12月31日(土)の天体観望会も開催いたしませんのでご注意ください。
また、1月~3月中旬は荒木望遠鏡メンテナンスのため天体観望会は開催いたしません。
☆2017年最初の天体観望会は 3月25日(土)19:00~21:00 を予定しております。

12月24日は年内最後の観望会&クリスマス特別講演会を予定しております。ちょっとしたプレゼントも考えておりますのでどうぞご期待ください♪
また、夜間はかなり冷え込みます。
天体観望会へご来場の際は、防寒対策をしっかりとしてお越しください。

みなさまのご来場をお待ちしております。

スーパームーン

こんにちは、神山天文台事務室です。
寒さがどんどん増す中、キャンパス内の紅葉もだんだんと進んできました。

さて、11月14日は今年見える満月の中でも一番大きく見える”スーパームーン”です。

1

(↑2015年に事務職員が撮影したスーパームーン)


しかし、なぜ大きく見えるのか皆さんはご存知ですか?
実は、月の公転軌道が関係しているんです。


月の公転軌道は楕円形になっているため、地球の近くの軌道を通るときと、遠くの軌道を通る時があります。

2

地球に一番近い軌道を通る時と満月のタイミングが合ったとき、スーパームーンが見られるというわけですね。

残念ながら、神山天文台でスーパームーンの観望会を行う予定はありません。。が、みなさんぜひ!14日は月に注目してみてください♪


☆ちなみに月を観望するとき、満月だと正面から光が当たることにより、
月の表面の凹んだ部分にまで光が当たり、陰影が分かりにくくなるためクレーターなどを観察するには適していません。
クレーターや月の細かい部分まで観察したいときは、半月くらいの月の日に観望することをお勧めします♪

 

★11月の天体観望会★

11月12日(土)18:00~20:00(受付は19:30まで)

※11月は1回(12日)しか天体観望会がありませんのでご注意ください!

夜は冷え込みますので、防寒対策をしっかりしてきてくださいね。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

ハロウィン

こんにちは!神山天文台事務室です。
気がつけば今日で10月も終わりますね。
10月31日といえば、ここ数年で一気ににぎわい始めた感じのあるハロウィンですが、
ほしみ~るちゃんも今日までハロウィン仕様です。

1


天体観望会にお越し頂いたみなさまに少しでも季節を感じてもらおうと、
受付前のほしみ~るちゃんに毎月季節に沿った装飾をしているのですが、みなさまお気づきでしょうか?

2

4

3

ある時は卒業証書を持たせてみたり、ある時はサンタ帽をかぶってみたりと
バラエティ豊かなほしみ~るちゃん。ぜひ天体観望会に来た時には注目してみてくださいね♪

-------------------------------------------------------
4日後に迫った神山祭に向けて、学内の至る所で準備が進められています。
神山天文台サポートチームも、神山祭では「星を探して君の瞳にMilky Way」と題した企画の中で、太陽望遠鏡での観望(晴れの場合のみ)やMitaka3D映像上映などを行う予定ですのでお楽しみに!

★11月の天体観望会のおしらせ★
11月12日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)

【!】11月は1回(11月12日)しか天体観望会がありませんのでご注意ください【!】

日中の気温も20度を下回る日があったり、寒さがだんだんと強まってきています。
天体観望会へご来場の際は、防寒対策をしっかりとしてお越しください。

みなさまのご来場をお待ちしております。

秋晴れ

こんにちは!神山天文台事務室です。
週末は久々に秋晴れの天気になりましたね!
本学でもサタデージャンボリーが開催され、神山天文台にもたくさんの方にお越し頂きました!

1

天候に恵まれたこともあり、天文台前で行った太陽望遠鏡による太陽観測は
1番人気の勢いでした★

その他にも、ドームで水星についてのお話や荒木望遠鏡の解説、

 

太陽系の惑星の並び替え、木星と地球の重さ比べ
2

 

Mitaka上映会や惑星クイズコーナーなど
4

5


それぞれのブースで様々な体験をして頂きました!

そして、集めたヒントを元に質問の答えを見事正解した方には、
オリジナルの太陽系図鑑をプレゼント♪

6

 

前年を超える多数の方にご来場いただく事ができました!
さらに夜間には天体観望会も開催し、90名近い方にご参加いただきました。
ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

**************************************

神山天文台ホームページに、先日ひっそりと神山天文台マスコットキャラクターの
ほしみ~るちゃん®のページが追加されたことに気づかれた方はいらっしゃるでしょうか。

7


ホームページ右のほしみ~るちゃん®のバナーが目印です。

ほしみ~るちゃん®のプロフィールをはじめ、ほしみ~るちゃん®誕生のひみつや
4コマ漫画などのコンテンツも充実しています★
ぜひ下記からアクセスしてみてくださいね!

↓  ↓  ↓
http://www.kyoto-su.ac.jp/observatory/hosimi-ru.html

 

☆10、11月の天体観望会のお知らせ☆
22日、29日、11月12日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)
※11月は天体観望会が1度(11/12)しかありませんのでご注意ください!

夜はだいぶ冷え込みます。天体観望会へご参加予定のみなさまは
防寒対策をしっかりして、暖かい服装で来てくださいね。
皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

 

サタデージャンボリー

こんにちは!神山天文台事務室です。
連休明けから一気に寒さが増しましたね。
ようやく秋がやってきたなと感じます。

先週の土曜日には天文学講座が開催されました。

1


京都大学の野上先生にお越し頂き、講演頂きました。
講演の内容など、詳しくは本学ホームページ キャンパスフラッシュにも掲載されております→https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20161008_859_kouza.html

野上先生には講演後に開催されたアストロノミー・カフェでも
来場者の質問に熱心に答えて頂きました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

**************************

さて、今週末は本学でサタデージャンボリーが開催されます。

*サタデージャンボリーとは?

2


地域の方々に大学のキャンパスを開放し、学生と地域との交流を深めるとともに、大学の施設、知的財産を用いた様々な学習や体験活動をとおして地域のスポーツ、文化の高揚を図ることを目的に毎年開催しているイベントです。
詳しくは→https://www.kyoto-su.ac.jp/events/20161015_350_saturday-jambolree.html

神山天文台では、神山天文台サポートチームによる企画が開催されます。
題して「太陽系ってナンダ??~地球はグルグルまわっている!~」
太陽系をテーマに、太陽や太陽系内の惑星に関するいくつかのブースをご用意しています!
ブースをまわってヒントを集め、見事問題に正解した方には
素敵な景品をご用意していますよ♪

その他にも動物たちと触れ合えるコーナーやサイエンス教室など、本学の様々な場所で様々な催しが行われたり、映画の上映会もあります★

天気予報では晴れですので、良いレジャー日和になりそうです。
皆さまのお越しをお待ちしております!

※夜間には通常通り天体観望会も行います!

------------------------------------------------------------ 

☆10月の天体観望会のお知らせ☆
15日、22日、29日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)
※10月より、開催時間が1時間早くなりますのでご注意ください!

夜はだいぶ冷え込みます。天体観望会へご参加予定のみなさまは
防寒対策をしっかりして、暖かい服装で来てくださいね。
皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

★よくある質問へのお答え★

こんにちは!神山天文台 事務室です。
10月に入りましたが、じめっとした天気が続いていますね。
迫っている台風が明けた後は、一気に秋の季節になりそうですが
こんな時、風邪をひきやすいので皆様もお気を付け下さいね。

さて、今回は
神山天文台にお問合せ頂く中でよくある質問に対してのお答えを
ご紹介していきたいと思います!

★予約は必要なの?(予約はどうやってするの?)
→A.予約は必要ありませんので、受付時間内に神山天文台までお越しください。
また、費用は無料です。

★何時に行けばいいの?
→A.受付時間内であれば入退場自由ですので、ご都合のいい時間にお越しください。
※天体によっては、時期や位置の関係で見える時間帯が限られているものがございます。季節の見頃の天体については、天文台ホームページにあります「今月の星空」をチェックしてみてください!

★神山天文台はどこにあるの?大学のキャンパスとは別の場所?
→A.京都産業大学のキャンパス内に神山天文台はございます。
まず、バスを降りて頂くとエスカレータがありますのでそれを上っていただきます。

1

上った先の三叉路には神山天文台の看板があります。看板を正面に見て左手にエスカレータ(この写真ではちょうど見えませんが)がありますので、そちらを上がります。

2


エスカレーターを上ったら、右手に進むと階段がありますので、道なりに進みます。

3

すると神山天文台の玄関が見えてまいります☆
バスプールから天文台玄関まで大体5分程度です。

★小さな子どもと一緒に行こうと思います。大丈夫ですか?
荒木望遠鏡の接眼部は高さが調節できますので、小さいお子さんでも親御さんに補助して頂きながら観望して頂けます。
また、ぬりえやパズル、天文絵本など、お子様でも楽しんで頂けるコンテンツをいくつかご用意しております。

★学食は開いていますか?また、近くに何か物を食べられるお店はありますか?
天体観望会開催時間帯は、学食および学内のコンビニエンスストアは開いておりません。お食事か、軽食を済ませてからの参加をお勧めします。(天文台内には飲食のできるスペースはございません。ご了承ください。)

★車を停める場所はある?
学内には天体観望会参加者用駐車場はございません。公共交通機関でのご来場をお願いしております。
車いすなどの特別な事情がある方や、坂道や階段を上ることが困難な方で、お車での来場を希望される場合は、事前に神山天文台までご相談ください。

★開催時間より少し早目につきそうです。待てる場所はある?
神山天文台ロビーにお待ちいただけるスペースがございます。ロビーには閲覧図書コーナーやぬりえなどもございます。

★雨だと中止なの?
雨天、曇天などの悪天候時には、地下1階サギタリウスホールにて宇宙の3D映像上映会を開催いたします。
雨天時・晴天時どちらのプログラムで開催するかは開催日の16時以降にお問い合わせください。

★【番外編】昨晩○○のあたりに見えた光は何?など天体や宇宙に関するご質問
基本的にお問合せには事務職員が対応させて頂いておりますので、専門的な質問にはお答えできかねます。また、研究等の都合により研究員の手が空いていない事も多く、天文に関するご質問にお電話でお答えすることが難しい状況です。
神山天文台では年に4回程度天文学講座を開催しており、併せて研究員や講師と気軽に宇宙や天文についてお話して頂けるアストロノミー・カフェも開催しておりますので、このような場をぜひご活用ください。

------------------------------------------------------------ 

☆10月の天体観望会のお知らせ☆
10月8日、15日、22日、29日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)
※10月より、開催時間が1時間早くなりますのでご注意ください!

8日には天文学講座 第2回も開催されます(詳しくは→http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kao/blog/index.php/view/388)。

夜も大分冷えるようになってきました。天体観望会へご参加予定のみなさまは
防寒をしっかりして、暖かい服装で来てくださいね。
皆さまのご来場をお待ちしております。

10月からの天体観望会 開催時間について

こんにちは!神山天文台事務室です。
明日から10月ですね。

毎週土曜日に開催しております天体観望会ですが、10月からは
開催時間が1時間早くなります。
併せて終了時間も1時間早まりますので、ご注意ください!

開催時間
18:00~20:00(受付は19:30まで)

最近お問合せいただく事が多い、天文台までのアクセスですが、
公共交通機関でのご来場をお願いしております。


学内に専用の駐車場はございません。近隣にコインパーキングはありますが、本学が管理しているものではないため、
空き台数の把握はしておりません。お車でお越し頂いても、必ず停められる保証は出来かねますのでご了承ください。

特別なお手伝いが必要な方や、歩行が困難など、坂道や階段を使うことが難しいため車でのご来場を希望される方は、
事前にご相談いただければ対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 

公共交通機関ですと、
・京都市営地下鉄 北大路駅から 京都市バス 北3号系統(北大路バスターミナル 赤のりばAから乗車できます)
・京都市営地下鉄 国際会館駅から 京都バス40系統(国際会館駅前バスターミナル 2番のりばから乗車できます)

上記の方法がございます。どちらも終点が本学となっており、お帰りの際も22時台までバスが走っております。

京阪電鉄 出町柳駅から 京都バス34系統/35系統にご乗車いただく方法もございますが、
終バス時刻が早め(20時台)となっており、観望会の時間を最後までゆっくり過ごしたい方はお帰りが少し慌ただしくなるかもしれません。

上賀茂神社、二軒茶屋駅から出ている本学へのシャトルバスは、土曜日の午後の時間中は運行しておりません。ご注意ください!

 

バスを降りて頂いたあとは、エスカレーターを2個ほど上がって頂き、看板に沿って階段を上って頂くと神山天文台が見えて参ります。
本学でも一番高い場所に神山天文台は位置しておりますが、エスカレーターのおかげであまり階段や坂を上らなくてもお越し頂けます!


詳しい時刻表等は各交通機関のウェブサイトをご覧頂くか、本学へのアクセス(http://www.kyoto-su.ac.jp/access.html)をご覧ください。


夜間の気温もぐっと下がる季節になりました。
天体観望会にご参加の際は、羽織ものを持ってくる等、暖かい服装でお越しくださいね。
みなさまのご来場をお待ちしております。

10月がやってくる

こんにちは!神山天文台 事務室です。
気が付けば9月も終わりに差し掛かりましたね。
少し前まで夏だと思っていたのに、もうすっかり秋の季節です。
日が落ちる時間も早まってきました。

さて、先日すみれ幼稚園の園児の皆さんが
天文学習に来てくれました!

1


7月は年長組さんが来てくれましたが(過去ブログ参照)
今回は年中組ということで、年長さんよりもみんな小さくてさらに元気いっぱい!
荒木望遠鏡の主鏡を見学するために、望遠鏡が動くと
「うわぁ~!」という驚きと歓声がドームに響きました。
余りの迫力に「あたまをまもれ~!」と頭に手をやる児童さんもいて、とても可愛らしかったです♪

2

一転、研究員の説明が始まるときちんと並んで、しっかりお話を聞いていましたよ。

地下のホールでも研究員による3D映像上映が行われ、

3

3Dメガネにワクワクしつつ、Mitaka映像に釘付けになっていました。

児童のみなさんからたくさんのパワーをもらえた1日でした。
ありがとうございました!

 

------------------------------------------------------------ 
さて、今週末から10月に突入します。
10月から、天体観望会の開催時間が1時間早くなりますので、
ご来場いただく皆様にはお間違えの無いようお願い致します。

☆10月の天体観望会のお知らせ☆
10月1日、8日、15日、22日、29日(いずれも土曜日)
開催時間 18:00~20:00(受付は19:30まで)
※10月より、開催時間が1時間早くなりますのでご注意ください!

夜はだいぶ涼しくなります。天体観望会へご参加予定のみなさまは
ぜひ1枚羽織ものを持つか、暖かい服装で来てくださいね。
皆さまのご来場をお待ちしております。

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed