エントリー

事務室からのお知らせ

★七夕の季節★

こんにちは!神山天文台 事務室です。
梅雨の季節がやってきましたね。
梅雨と同時に、神山天文台では事務室にこもる湿気との戦いが始まります。。

ところでみなさん、7月7日は何の日かご存知ですか?
そう、七夕です。

七夕といえば、笹の葉に願い事を書いた短冊や七夕飾りを吊るしたり、織姫と彦星は会うことができたのかな、と天の川を眺めてみたりという方が多いですよね。
神山天文台でも昨年度、ロビーに笹を飾っておりました。(今年も飾る予定です!)

2


そんな七夕にちなみ、開催されているのが 全国同時七夕講演会 です。
「全国同時七夕講演会」は、7月7日の七夕の日や、8月2日の伝統的七夕の日を中心とし、その前後の期間にわたり、全国各地で同時に天文や宇宙の講演会を実施するというイベントです。(詳しくはこちらをご覧ください)
神山天文台でも全国同時七夕講演会の一環として、7月4日(土)に「世界の星座と七夕の星座」を開催いたします。
日本や中国、タイ、インカ帝国などの古代の星座をご紹介するとともに、七夕の星座がどのように日本へ伝えられてきたか、その変遷をお話します。
講演後は通常通り天体観望会も開催いたしますので、講演で聞いた話を思い出しながら夜空を見上げてみるのはいかがですか?
全国同時七夕講演会2015 「世界の星座と七夕の星座」
日時:2015年7月4日(土)17:00~18:00
場所:神山天文台地下1階 サギタリウスホール
講師:中道 晶香(神山天文台 主任研究員)

★6・7・8月の天体観望会開催日★
6月13日、7月4日、18日、25日、8月1日、22日
6月20日、27日、7月11日は梅雨時期のため、8月8日、15日、29日は本学の一斉休業期間中のため、神山天文台は休館させて頂きます。また、夜の天体観望会もお休みさせて頂きますので、どうぞご了承ください。


台風や梅雨の時期と重なることもあって、ここ例年七夕の季節はお天気が優れないことが多いのですが、、、今年は晴れて皆さんと天の川を楽しめたらいいなと願っております。
湿気に負けずがんばりましょう!

★神山天文台オリジナルグッズとスタンプラリー★

こんにちは、神山天文台です。まるで夏日のように日差しが強く、暑い日が続いていますね。

神山天文台では毎週土曜日の天体観望会時にスタンプラリーを開催しています。
その際、スタンプが5つ以上たまるともらえる神山天文台オリジナルグッズがあること
皆さんご存知ですか?
今まではほしみ~るちゃん®オリジナルシールを皆さんにお渡ししておりましたが、
この度景品が変わり、神山天文台クリアファイルが登場しました。

1


さらに、オリジナルグッズ第3.4弾も完成いたしました。
それがこちら↓

2

神山天文台メモ帳とほしみ~るちゃん®オリジナルタオルハンカチです!

どちらも神山天文台サポートチームの学生さんが考えてくれたデザインが元になっております。
もちろんカラーは京都産業大学スクールカラーのKSUブルー!

 


3


タオルハンカチは安心の日本製。今治のタオルハンカチです。
ほしみ~るちゃん®と星空のコラボレーションがかわいらしいデザインですね。

 

4


メモ帳は何かと使いやすいA6サイズ。
表紙には神山天文台ドーム、また写真では見えませんが、中の用紙にはほしみ~るちゃん®があしらわれております。

こちらは現行の景品(クリアファイル)がなくなり次第のお渡しとなる予定です。
ぜひ毎週土曜日に行われている天体観望会で星をみて、スタンプラリーに参加してみてください!
雨の日でも押してもらえるスタンプもありますよ★

★梅雨時期の休館日のお知らせ★
6月20日、27日、7月11日は梅雨時期のため、神山天文台は休館いたします。夜の天体観望会につきましても、実施致しませんのでご了承ください。

 

★天文学講座 第2回★

こんにちは、神山天文台事務室です。
先日早くも台風が通過し、最高気温も真夏日並になったりと、すぐそこまで夏が迫ってきているようですね。
個人的にはもう少し、過ごしやすい穏やかな季節が続いてほしいなぁと感じております。

本日5月15日、京都では葵祭が行われますが
神山天文台では5月16日土曜日に天文学講座 第2回を開催いたします。
今回は神山天文台長であり、本学の理学部教授でもある 河北 秀世教授の
地球惑星科学振興西田賞受賞を記念いたしまして、
「太陽系の起源を求めて」というテーマでお話頂きます。

1

☆地球惑星科学振興 西田賞についてはこちら→http://www.jpgu.org/news/nishidaprize.html

河北台長がこれまで行ってきた彗星や新星の研究を中心に、太陽系がいかにして誕生したのか、またその原材料はどのようにして作られたものなのかなど、私たちの体を作る物質がどこからやってきたのかという視点で、太陽系の起源を明らかにしていきます。

講座終了後にはアストロノミー・カフェも開催いたしますし、もちろん夜には天体観望会も行います。
皆様ぜひお越しください!

****************************
天文学講座第2回 地球惑星科学振興西田賞 受賞記念講演
「太陽系の起源を求めて」
日時:2015年5月16日(土)15:00~
京都産業大学 神山天文台地下1階 サギタリウスホールにて開催
入場無料、予約不要
詳細はホームページをご覧ください。
http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20150516_kouza.html
****************************

 

★5.6月の天体観望会のお知らせ★
開催日…5月16日、23日、30日、6月6日、13日
時 間…19:00~21::00(受付18:30~)
6月後半は梅雨時期のため、天体観望会はお休みさせて頂きます。
どうぞご了承ください。

★天文学コミュニケーション講座★

こんにちは、神山天文台事務室です。
天体観望会にお越し頂いたことのある皆さんは、荒木望遠鏡の他に
神山天文台前の広場にて、学生が小型望遠鏡を出して解説をしてくれているのを見たことがあるのではないでしょうか。

1
彼らは「神山天文台サポートチーム」といって、神山天文台をもっと盛り上げていくため、神山天文台を多くの方に知って頂くための活動をしてくれている学生の皆さんです。

観望会のサポートをするためには、小型望遠鏡の知識はもちろん
天体についての知識も必要になってきます。
そこで神山天文台では毎年、新しくサポートチームに加入してくれた新入生や上級生、天文に興味のある本学の学生などを対象に
「天文学コミュニケーション講座」と題して、講座を行っています。

先日、第1回の講座が開催されました。

2

第1回では、現サポートチームの代表による神山天文台サポートチームについての説明や
研究員の先生による神山天文台の説明&館内ツアーが行われました。

今後は小型望遠鏡の操作方法についてや天体の知識、さらに話し方や接客についての講座など、より実践的な講座内容になります。
より深い知識や技術を身につけて、先輩たちのように天体観望会で活躍できる存在に
なってもらいたいですね。

*****
ゴールデンウィークで世間は賑わっておりますが、
そんなゴールデンウィーク期間中、神山天文台では5/2に天体観望会を開催いたします。
(開館時間…19:00~21:00 ※受付18:30~)

天気予報では晴れとなっていましたので、予報が当たればたくさんの天体を
みなさんに楽しんで頂けるかもしれません。
すっきり晴れた日ですと、様々な天体が観望できてスタンプも一気にたまります。
期待しましょう!!

★太陽望遠鏡★

こんにちは、神山天文台 事務室です。

新歓の時期でもある4月。
先週から今週にかけて、お昼休みに神山天文台サポートチームの学生さんが
学内に太陽望遠鏡を出して太陽観望会を行っています。

1

 

太陽望遠鏡とは、普段は直視できない(目を傷めるため)太陽を見ることのできる、
特殊なフィルターが搭載されている望遠鏡です。
太陽から噴き出しているガス(プロミネンス)を観察することもできました。

2
※イメージです!神山天文台所有の太陽望遠鏡でここまで精密に観望はできません。。

みなさんが普段見ている太陽の色は白っぽい色をしていると思いますが、太陽望遠鏡でみる太陽は赤いのです。
実は太陽は様々な色の光を発していて、そのいろいろな色が混ざり合って肉眼では白っぽく感じます。
太陽望遠鏡の特殊なフィルターはその様々な色の光の中でも赤い光を通しているので
赤っぽく見えるのですね。

先週は残念ながらお天気のすぐれない日が続いておりましたが
今週は一転、晴れの予報が続いていますのでほぼ毎日太陽観望会が行えそうです。
新しいメンバーがたくさん入ってくれるといいですね。

*********

冬の主鏡再メッキから長らくメンテナンスが続いておりましたが、ついにすべてのメンテナンスが完了し先週から荒木望遠鏡での天体観望会が再開されました。

春の夜空を荒木望遠鏡で楽しむのを心待ちにしていたみなさま、大変お待たせいたしました。
4月後半~5月の天体観望会開催日は以下のとおりです。


★4月
25日
★5月
2日、9日、16日、23日、30日


ゴールデンウイーク初日も天体観望会を開催いたします。
休みを持て余している学生さん、家族で京都に帰省されるみなさま、この機会に是非荒木望遠鏡で星をみてみませんか?
晴れの日が続くよう祈りつつ、ご来場をお待ちしております。

★最近の神山天文台★

こんにちは、神山天文台 事務室です。
ここ最近、じめじめ雨のお天気が続いていますね。
学内の桜は市の中心部と比べて少し遅めの開花でしたが、連日つづく雨で
あまり外で桜を楽しめないまま散ってしまい、残念です。。

冬期に行われた荒木望遠鏡主鏡再めっき終了後から引き続き、4月からもメンテナンスのため荒木望遠鏡での天体観望会はお休みさせて頂いておりますが、
メンテナンスのために出していた副鏡と第3鏡が昨日神山天文台に帰ってきました。

1

2


上が第3鏡の取り付け作業中、下が取り付けられた副鏡の写真です。
第3鏡は普段見えない部分にありますが、副鏡は下図の場所にありますので、普段も見ることができます。

 3

神山天文台に来られた際は一度チェックしてみてください。

これですべての鏡がピカピカになって戻ってきました。
今後は観測や観望会の実施ができるように、実際に天体を導入しながらズレを補正する作業を天気の良い日の夜間に行います。

天気の良い夜が続き、順調に調整が行われれば
4月最後の土曜には荒木望遠鏡による天体観望会が再開できるかもしれません。
雨続きの最近ですが、今後は晴れの日が続くようになりますようにと
職員一同願っております。

久しぶりの天体観望会

こんにちは!神山天文台 事務室です。

大学4年生の皆さん・大学院生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!
本学でも3月21日・22日に卒業式(学位授与式)が行われました。

ほしみ~るちゃんも特別仕様で卒業生のみなさんをお出迎えです。

卒業1

 

卒業卒業3

卒業証書筒は職員の手作りです。(どうやって持たせているかはナイショです)


そして、1月から長らくお休みしておりました天体観望会がこの日再開されました。
荒木望遠鏡の主鏡調整にお時間を頂いており、小型望遠鏡での観望会となりましたが、参加された皆さんには金星や木星などを観望していただく事ができました。

*****
再来週の4月4日には、昨年10月に世間を賑わせた皆既月食が再び起こります。
桜がピークの時期ともあって、お花見ついでに皆既月食を楽しむ予定をされている方も多いのではないでしょうか?

皆既月食
(昨年10月8日の皆既月食 神山天文台にて撮影)

今回は12分という短い時間の皆既食ですが、前回と比べてなぜ皆既食の時間が短いのか皆さんはご存知ですか?
そもそも、なぜ皆既月食が起こるのか知らない方も多いかもしれませんね。
“月が欠けていくように見えるのはなぜか?”“全部隠れたはずなのになぜ赤黒く見えるのか?”
今回、神山天文台ではこのような皆既月食の謎を解説するミニ講座を実施することになりました。
仕組みを知った後で観る皆既月食は、また違った風に見えるかもしれませんよ。

神山天文台オリジナル月食スケッチ用紙もご用意しておりますので、
春休みの宿題に、皆既月食を観察してみるのも良いかもしれません。

 

神山天文台特別企画 皆既月食解説講座
日 時:4月4日(土)17:30~18:00
場 所:神山天文台 サギタリウスホール
当日の天体観望会スケジュール
☆19 : 00 ~ 20 : 30 荒木望遠鏡による天体観望会、屋上の開放
☆20 : 30 ~ 21 : 30 皆既月食観望会(天文台前広場)、屋上の開放(整理券配布)
なお、悪天候の場合は宇宙の3D映像上映「皆既月食編」を開催いたします。
★皆既月食の時間中(20:30~21:30)、荒木望遠鏡を使用しての観望は実施致しません。どうぞご了承ください。
*詳しくは神山天文台ホームページにて近日公開予定です。

*****

※お詫びとご案内
3/21(土)に引き続き、荒木望遠鏡主鏡の調整により、3/28(土)の天体観望会でも
荒木望遠鏡による観望を実施いたしません。
天文台前に小型望遠鏡を設置しての観望会となります。

主鏡の調整にお時間頂いており、大変申し訳ありません。
皆様にベストな状態で観望して頂けるよう、しっかり調整を進めて参りますので
もう少しだけ、楽しみにお待ちください。

また、この日は神山天文台バックヤードツアーもございますので、
是非併せてご参加ください。
みなさまのご来場、お待ちしております。

★岩倉図書館とのコラボレーション企画 開催★

こんにちは、神山天文台 事務室です。
2月から春休みに突入し、今は普段より賑わいの少ないキャンパスですが、
梅が咲き、桜も芽吹き始めるなど、季節は入学シーズンにむけてどんどん春の装いに変わっていっていますね。
4月になって、新入生や2~4年次のみなさんで賑わうキャンパスが楽しみです。

そんな春休み真っ只中の先月2/19に、京都市岩倉図書館と神山天文台ボランティアチーム(4月から神山天文台サポートチームに改名)による地域交流イベントが行われました。
岩倉図書館さんとのコラボレーションは2回目になります。今回は図書館の外に出て、小型望遠鏡で実際に観望会を行いました!

岩倉図書館


お天気はあまり良くない中でしたが、何とか木星を見ることができたり、館内では宇宙の映像上映会を行ったりと、楽しい時間となりました。

「木星を小型望遠鏡を使って初めて見た」「いろんな星のことを教えてもらえてよかった」「また実施してほしい」など、沢山の反響を頂きました。ありがとうございました!

岩倉図書館

 

今週末からいよいよ天体観望会を再開します。

荒木望遠鏡主鏡の調整の関係で、荒木望遠鏡での観望はできませんが、小型望遠鏡を出してみなさんをお待ちしたいと思います(悪天候の場合は宇宙の3D映像上映会を開催します)。

季節は春に向けあたたくなってきていますが、夜はまだまだ冷えますので、防寒対策はしっかりしてお越しくださいね。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

★3/28 神山天文台バックヤードツアー開催★

こんにちは、神山天文台 事務室です。
寒さも和らぎ、春まであと少しという雰囲気がしてきましたね。
(同時に花粉症の方は厳しい季節になってきたのではないでしょうか…)

最近では、神山天文台と東京大学大学院・理学研究科の大学院生の研究グループとの共同研究チームが、星間空間に存在する大きな有機分子による微弱な吸収線を新たに15本発見したり、
詳しくは↓
http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20150216_news.html

神山天文台 新井 彰 研究員が研究メンバーとして参加しているグループが、2013年8月に現れた新星爆発をすばる望遠鏡で観測し、3番目に軽い元素であるリチウム (Li) がこの新星で大量に生成されていることを突き止めたり、
詳しくは↓
http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20150219_news.html

神山天文台での研究成果「太陽系の材料は新星爆発で作られた」が日本天文学会欧文報告誌に掲載されたり
詳しくは↓
http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20150220_news.html

と、研究活動での成果が次々と世に発表されております。
地域や一般の方々へ向けた活動も行っておりますが、やはり大学の中にある天文台として研究活動は大事な要です。このような研究成果を今後も積極的に世に出していきたいですね!

---------------------------------------------------------------------------------------------

さて、そんな最新の研究現場の裏側を覗き見ることができる 「天文学講座第4回 神山天文台バックヤードツアー」が3月28日に開催されます。

 

ツアー

エレキショップや望遠鏡制御室、測定室など、普段一般の方々には非公開のお部屋や研究に使用する各種機器を、中道 晶香 主任研究員と中西 賢之 嘱託職員という、神山天文台を知り尽くした2人による解説のもと、巡っていただけます。
もちろん、夜間は通常通り天体観望会も開催する予定です。(悪天候時は3D映像上映会となります)
神山天文台で行われている最新の研究現場を見て、知って、体感できる絶好のチャンスですので、皆様ぜひご参加ください!

※見学予定のお部屋には小さなお子様には危険な場所もございますので、今回のツアーは
高校生以上の方を対象とさせていただきます。どうぞご了承ください。

***************************
天文学講座第4回「神山天文台 バックヤードツアー」
日時 3月28日(土)15:00~16:30(受付14:30~)
場所 京都産業大学 神山天文台

詳しくは神山天文台ホームページをご覧ください。
http://www.kyoto-su.ac.jp/kao/news/20150325_tour.html
***************************

 

★お知らせ★

荒木望遠鏡主鏡の調整の為、3/21(土)の観望会において、
荒木望遠鏡による通常の天体観望は実施致しません。
代わりに神山天文台が所有する各種の小型天体望遠鏡を用いた天体観望会を実施致します。
(悪天候時は通常通り宇宙の3D映像上映会を開催)
どうぞご了承ください。 

科博連サイエンスフェスティバル

こんにちは!神山天文台 事務室です。
今週末はバレンタインですね。みなさんはチョコレートの用意はされましたか?


さて、先週の日曜日に開催された「科博連サイエンスフェスティバル」。
その様子が届きましたのでお伝えします。

看板

様子

当日のブースの様子。たくさんのお子さんたちに荒木望遠鏡ペーパークラフトを楽しく作ってもらうことができました。

教える学生さん


分からないところをていねいに優しく教えてあげる学生さん。

 

ぬりえ中

ぬりえ

 

神山天文台ぬりえやはやぶさ2ぬりえも楽しんで頂けたようです。


今回の成功点と反省点を生かして、今後の活動に役立てていってほしいですね。
神山天文台ボランティアチームのみなさん、お疲れ様でした!


ボランティアチーム

 

--------------------------------------------------------------------------------------
お知らせ★望遠鏡のメンテナンスおよび集中観測期間のため、3月中旬まで土曜日の天体観望会はお休みさせていただきます。
次回の天体観望会の開催は3/21(土)です。
みなさまのご来場をお待ちしております。

 

ページ移動

ユーティリティ

2021/10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed