フランス語とドイツ語の前舌円唇母音

平塚 徹(京都産業大学)


 フランス語やドイツ語を勉強すると,前舌円唇母音という母音が出てきます。例えば,発音記号の[ø]で表される母音は,舌は[e]の位置で,唇は[o]のように丸める前舌円唇母音です。この母音は,両方の言語で使われている母音です。ところが,この[ø]は,フランス語とドイツ語で音質が異なっているように思われます。

 例えば,フランス語の単語 deux「2」は前舌円唇母音[ø]を含んでいますが,un, deux, trois「1,2,3」を日本語で「アン・ドゥ・トロワ」と言うように,フランス語の[ø]は日本人の耳には「ウ」に近い音として感じられているようです。

 他方,ドイツの詩人・劇作家・小説家 Goethe の名前にも,前舌円唇母音[ø]が含まれていますが,「ゲーテ」という音訳から見ても,ドイツ語の[ø]は日本人の耳には「エ」に近い音として感じられているようです。

 この違いは,音響音声学的にも裏付けられます。M.シュピーゲル著・小泉保訳『新版 音声学入門』(大修館書店)の訳注24を見ると,B.マルムベリの資料に基づいて,フランス語の方がドイツ語に比べて,前舌円唇母音の第2フォルマントが低めになっていることが指摘されています。つまり,フランス語とドイツ語の前舌円唇母音を比べると,フランス語の方が後舌円唇母音に,ドイツ語の方が前舌非円唇母音に近いのです。ですから,日本人には,フランス語の[ø]は「ウ」に近く感じられるのに,ドイツ語の[ø]は「エ」に近く感じられても不思議ではないのです。

 それにしても,同じ発音記号を使いながらも,個別言語によってこのような微妙な違いがあるのは,やっかいなことです。