市民科学講演会

今回の京都産業大学での日本物理学会2012年秋季大会開催の機会に、以下のように市民科学講演会を開催します。これは、高校・大学生や一般市民の皆様に、広く物理学を知って頂くために開くもので、これを機会に、現代社会の基礎を支えている物理学についての一層のご理解を期待しております。是非御参加下さい。

市民科学講演会の案内(印刷用)


日時・会場

2012年(平成24年)9月15日(土)
開場時間: 12:30
開演時間: 13:30

京都産業大学キャンパス 神山(こうやま)ホール 12:30 - 開場

京都産業大学までの交通案内はこちら

キャンパスマップ(マップ11番)


演目


「未知の素粒子を求めて・・・・ヒッグス粒子* に迫る」

東京大学 准教授  浅井 祥仁 先生


「現代社会と科学」

京都産業大学 教授  益川 敏英 先生


ヒッグス粒子*:素粒子物理学の標準模型において質量の起源を担うとされる未だ発見されていない粒子。
          現在稼働中の加速器実験(LHC)により、その発見が期待されている。


入場料:無料
座席数:約1400席
(事前申込は必要ありません。ただし、先着順でお願いします。)
主 催:日本物理学会
共 催:京都産業大学
後 援;京都府教育委員会 、京都市教育委員会

問い合わせ:日本物理学会 2012年秋季大会 実行委員会(京都産業大学)

市民科学講演会の案内(印刷用)