山上 浩志 Hiroshi Yamagami
理学部 教授

略歴
新潟大学 学術博士取得
日本原子力研究開発機構量子ビーム応用研究部門
放射光先端物質電子構造研究グループ グループリーダー兼任
教員オリジナルページへ


 研究分野: 固体電子論
 主要研究テーマ: 強相関磁性f電子系化合物の電子構造の理論的研究

固体電子論
100種類を超える原子の組み合わせで作られる物質の特性は多種多様であり、物質の加工技術の進歩により人工的に 特色ある物質群を作ることが可能になった。これらの物質の示す物理現象は、金属、半導体、絶縁体、および超伝導体 磁性体などの物性で分類され、物理学の基本原理から理論的に明らかにする学問が物性理論である。 固体中の電子に関する物性理論は、特に固体電子論と呼ばれる。その中で固体の電子構造を記述する「バンド理論」 はもっとも基本的な理論で、電気伝導に関する一般的な分類において明快な説明を与える。 一方、現在のバンド理論は多電子系としての振る舞いを十分に考慮したものではなく、その拡張を含む克服しなければ ならない研究課題が多く存在する。 近年、ウランや超ウラン原子の重い原子を含む化合物の純良単結晶の育成が成功し、磁性やそれを伴う新奇な超伝導現象 が観測されている。それらの磁性化合物の電子構造を定量的に計算するために、スピン密度汎関数法を基にした 相対論的バンド理論を構築した。第一原理計算から特有な電子構造を解明し、磁気モーメント、フェルミ面などの さまざまな測定結果を系統的に説明できるモデルの構築を研究目標にしている。


主要論文(5編以内)
  • de Haas-van Alphen Effect in LaFePO with Two-Dimensional Cylindrical Fermi Surfaces,J.Phys.Soc.77(2008)113711.
  • Pressure-Induced Superconductivity in Antiferromagnet CePd5Al2,J.Phys.Soc.Jpn.77(2008)043701.
  • Itinerant to localized transition of f electrons in the antiferromagnetic superconductor UPd2Al3,Nature Physics 3,(2007)618.
  • Electronic Band Structure and Fermi Surface of Heavy-Fermion Neptunium Superconductor NpPd5Al2,J.Phys.Jpn.76(2007)083708.