下村 晋 Susumu Shimomura
理学部 教授

略歴
関西学院大学理学部卒
大阪大学大学院基礎工学研究科修了
筑波大学大学院工学研究科単位取得退学、博士(工学)
理化学研究所基礎科学特別研究員
関西学院大学博士研究員
慶應義塾大学理工学部助手、同専任講師
理化学研究所連携研究員兼務
京都産業大学理学部教授
教員オリジナルページへ


 研究分野: 構造物性の研究
 主要研究テーマ: X線回折・散乱による相転移現象の研究

構造物性研究
物質は原子の組み合わせにより様々な性質を示します。このような物質 の多様な性質を統一的に理解するためには、その性質を微視的な視点か ら調べ、その起源を明らかにする必要があります。我々は、結晶構造の 視点から物質の性質を理解することを目的として研究をおこなっていま す。このような研究分野は構造物性と呼ばれ、結晶構造やその乱れに関 する情報を与えるX線回折・散乱は不可欠な実験手段といえます。我々 は、通常のX線発生装置のほかにシンクロトロン放射光を用い、 温度・圧力・磁場といった様々な環境下における物質の性質を調べ、物 性の発現機構に関する知見を得たり、新しい現象を探索したりしていま す。最近は、物質の動的性質やX線のコヒーレンスを生かした実 験手法の開発にも興味を持っています


主要論文(5編以内)
  • S. Shimomura, C. Hayashi, G. Asaka, N. Wakabayashi, M. Mizumaki and H. Onodera, Phys. Rev. Lett. 102, 076404, 2009.
    "Charge-Density-WaveDestruction and Ferromagnetic Order in SmNiC2"
  • S. Shimomura, K. Torashima, N. Wakabayashi, K. Nishimoto, T.Tonegawa, N. Hamaya, H. Sawa, Y. Tomioka, Y. Tokura, J. Phys.Soc. Jpn. 76, 124603, 2007.
    "X-ray Diffraction Study on Charge and Orbital Order in Pr0.65Ca0.35MnO3 under High Pressure"
  • S. Shimomura, T. Tonegawa, K. Tajima, N. Wakabayashi, N. Ikeda, T. Shobu, Y. Noda, Y. Tomioka, and Y. Tokura, Phys. Rev. B 62,3875-3878, 2000.
    "X-ray Diffuse Scattering Study on Charge-Localized States of Pr1-xCaxMnO3 (x = 0.35, 0.4, 0.5)"
  • S. Shimomura, N. Wakabayashi, H. Kuwahara, and Y. Tokura, Phys. Rev. Lett. 83, 4389-4392, 1999.
    "X-Ray Diffuse Scattering due to Polarons in a Colossal Magnetoresistive Manganite"
  • S. Shimomura, H. Terauchi, N. Hamaya, and Y. Fujii, Phys. Rev. B 54, 6915-6920, 1996.7
    "Multicritical Point in Structurally Incommensurate [N(CH3)4] 2CuCl4 under Pressure"